トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シューマン、ロベルト(1810-1856) > 交響曲全集 サヴァリッシュ&シュターツカペレ・ドレスデン(2CD)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

CD 交響曲全集 サヴァリッシュ&シュターツカペレ・ドレスデン(2CD)

交響曲全集 サヴァリッシュ&シュターツカペレ・ドレスデン(2CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:49件中46件から49件まで表示

  • ★★★★★ 

    テンキンマン  |  東京都品川区  |  不明  |  2002年06月16日

    ドレスデンのあの人肌に触れてくる音色が見事に再現されている。このオケの音色は他には絶対に真似の出来ないものだ。 特に「第1」が素晴らしい。 マンフレット序曲も入れて欲しかった。(贅沢?)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    TAK  |  柏市  |  不明  |  2002年04月07日

    これはシューマンを聴くというよりSKDの音と堪能するというべきか。 確かにSKDは素晴らしいと思う。でもシューマンをこんなにすっきり、きびきびと演奏されると、ちょっと違うなーと感じるのも事実。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    naminchu  |  Tokyo  |  不明  |  2002年03月17日

    素晴しい演奏だが、今回のリマスターには疑問も残る。充実した低音に支えられた渋めの元の音が、すっきりしすぎて歯石を取ったばかりの口の中のよう。サウンド・デモにはいいが、旧盤の感動はない。超名演奏なので、草の根分けても前の盤を探すべき。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    やまだ まこ  |  佐倉市  |  不明  |  2000年12月27日

    SKドレスデン最上級の良さを刻印した名盤でしょう。柔らかい木管の響きが独特、フォルテでの弦のボウイングは切れ味鋭く、金管は澄んだ音色で響き渡り、テインパニの強打は皮の振動がリアルに伝わってきます。本当に素晴らしく感動したので、reviewしてしまいました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:49件中46件から49件まで表示