トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ニールセン(1865-1931) > 交響曲全集、協奏曲集 ギルバート&ニューヨーク・フィル、ズナイダー、他(4SACD)

ニールセン(1865-1931)

SACD 交響曲全集、協奏曲集 ギルバート&ニューヨーク・フィル、ズナイダー、他(4SACD)

交響曲全集、協奏曲集 ギルバート&ニューヨーク・フィル、ズナイダー、他(4SACD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    フォアグラ  |  愛知県  |  不明  |  2015年08月27日

    ギルバート/ニューヨーク・フィル盤の持ち味は、オケのパースペクティヴにある。弦のセパレーションと金管のパワフルな厚みを持ったサウンドは、北欧やイギリスのオケでは聴けないものであり、デンマークのダカーポ社の狙いもそこにあったと思う。ギルバートは、遅めのテンポでオケを生かした豊麗な音楽を作っている。ただ、2番の第1楽章や4番ではキレが鈍い印象も残る。4番は最近マルティノン/シカゴの激烈な演奏、録音とどうしても比較してしまうが。成功は1番、3番、5番。3つの協奏曲も付いているが、これが聴きもの。ズナイダーのヴァイオリンは実にすばらしいし、ニューヨーク・フィルの首席が担当する木管の協奏曲も非常に面白い。これがあるので満点としよう。余談だが、ブックレットに載っているニューヨーク・フィルの写真を見ると、ヴァイオリンの半数が東洋人なのには少々驚かされた。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示