トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』1945年版 スヴェトラーノフ&ロシア国立響(1995年東京ライヴ)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』1945年版 スヴェトラーノフ&ロシア国立響(1995年東京ライヴ)

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』1945年版 スヴェトラーノフ&ロシア国立響(1995年東京ライヴ)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    orisuke  |  新潟県  |  不明  |  2015年04月20日

    実演を聴いた人はさぞかし大迫力で良かったのではと思います。 ただ、ホールの記録用録音ということで、音質はそれ以上でも以下でもありません。決して絶賛されるほどのものではなく、リミッターがかかっていない分放送用よりもダイナミックレンジは取れていますが、ディティールまではつかめません。個人的には、スヴェトラーノフにしては手慣れた感じの安全運転に聴こえました。90年代のスヴェ様のタコ5を聴くならば、やはりEXTONのSACD(92年録音)に止めを刺すと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2015年03月10日

    1995年5月19日のライブ録音。 東京芸術劇場での公演記録用録音ということだが、コンサート・ホールに行くと天井からマイクとコードがぶら下がっているが、あれで録られたものなのだろうか? 音質はクリアでとても良く、スヴェトラーノフの息遣いまでも聴こえる。 特にバレエ組曲『火の鳥』は素晴らしい演奏だ。 スヴェトラーノフが指揮するショスタコーヴィチの交響曲第5番は正統派である意味スヴェトラーノフらしさが感じられない。ショスタコーヴィチに敬意を払って冒険はあえてしないのだろうか? ライブ録音にしては臨場感に欠けるように感じた。 音に暖かみががないというのかガラスのような冷たさがあり、そのことが逆に交響曲第5番の第3楽章の終わりでは透き通るような美しい響きになっている。ロシアの冬景色が浮かんできた。 このような貴重な録音を聴くことが出来きてファンとしては幸せだ。 今後の商品に期待したい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ばぶ  |  茨城県  |  不明  |  2015年03月07日

    これは正しく『きたーっ!!!』というCDですね。今までのショスタコ5番は録音がぱっとしなかったりオケのパワーが今一つだったりという感じで、「こんなはずじゃないんだけどな…」という思いを抱いているファンは少なくなかったのではないかと思います。この演奏と録音はこれまでのそういった鬱憤を晴らしてくれたと言ってよいと思います! さらには、火の鳥までついてるというおまけ付き!! 正しくスヴェトラーノフの音楽、弦、管、打の全てが堪能できますね。 これからさらにじっくり楽しんでいきます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    DSCHBONE  |  佐賀県  |  不明  |  2015年03月04日

    ソヴィエトが崩壊してロシアのオーケストラがどうなっていくのか自分なりに心配していた頃の演奏ですがそんな心配を吹き飛ばしてくれたCDです。ライヴの凄みが伝わってきて忠実に再現されている感じです。ショスタコーヴィチの終楽章も最後の最後に向けてもっと高くもっと強く!そんな時代の演奏を期待する私を裏切りませんでした。東京文化会館のライヴDVDとともに貴重なスヴェトラーノフのショスタコーヴィチです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示