トップ > 音楽CD・DVD > ロック > King Crimson > Starless (23CD+2DVD-AUDIO+2Blu-ray)

King Crimson

CD Starless (23CD+2DVD-AUDIO+2Blu-ray)

Starless (23CD+2DVD-AUDIO+2Blu-ray)

商品ユーザレビュー

星2つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (1 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★☆☆☆ 

    tamek  |  山形県  |  不明  |  2014年10月28日

    残念!    Road To Red Box と合わせると マルチ録音のコンサートがすべて 24bit 192khz ハイレゾで揃う・・・はずでしたが・・・・   (1) 1973/10/23 Glasgow のハイレゾは 192khz だが、”Fracture” ”Lament” ”Exiles” がカットされ、曲順も変更されている。  (2) 1973/11/15 Zurich のハイレゾも 192khz だが、 ”The Night Watch” がカットされている(The Law Of 〜 Part1 と Part2 の間の ”The Mincer” は Bootleg 音源ではなくボーカルオーバーダブの音源を使用)  (3) 1973/11/23 Amsterdam の Steve Wilson Mix は 96khz (何故だ!) The Night Watch Mix は 16/44.1 を 24/96 にアップサンプリングしただけの「なんちゃってハイレゾ」 George Chkiantz Mix というのは BBC 放送の Mix で、放送時の8曲のみで、これだけ 192khz (何故だ!) ちなみに、やはり Easy Money の前に演奏したはずの部分は見つかっていないらしく収録されていない。  (4) 1974/03/30 Mainz のハイレゾはこれまた 96khz で、テープ切れの ”Fracture” 断片も収録  (5) 1974/04/29 Pittsburg の George Chkiantz Mix は King Biscuit Flower Hour 放送 Mix で、放送時の4曲のみ。こちらは 96khz           初出音源のCDを聴いてから評価しようとも思いましたが、(1)(2)が完全収録でないこと、(3)(4)が192khzでないことでガックリきたので星2つです。ちなみに、BLU-RAY disc1 のアムステルダム8曲目はブックレット表記が ”The Great Deceiver” になってますが ”Improv: Trio” が正解です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示