トップ > 音楽CD・DVD > ロック > Led Zeppelin > Houses Of The Holy (180グラム重量盤レコード)

Led Zeppelin

LPレコード Houses Of The Holy (180グラム重量盤レコード)

Houses Of The Holy (180グラム重量盤レコード)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:73件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    えっじ  |  兵庫県  |  不明  |  2021年07月23日

    このアルバムで一番のお気に入りはG。1973年のツアーでも最後の最後に演奏された名曲。こう見るとレッドツェッペリンはアルバムの最後に印象深い曲を意図して持って来ているようだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    千葉県  |  千葉県  |  不明  |  2014年12月13日

    数年前から噂されていたツェッペリンのオリジナルアルバムのリマスターシリーズが今年から順次発売されます。今回のシリーズの目玉は貴重音源を収録したコンパニオンデスクなんですが、このHouses of the Holyのコンパニオンディスクの音源は他のそれと比べるとちょっとお宝度が低いかも…。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    hiro  |  愛知県  |  不明  |  2014年11月06日

    1971年の「Led Zeppelin IV(フォー・シンボルズ)」で世界一のロックバンドの地位を確立したZepが、初めてタイトルらしいタイトルを付け、1973年にリリースしたアルバム「Houses Of The Holy」。 この時期、Zepの人気は頂点に達していましたが、ビッグ・マーケットでの更なる飛躍を目指し、Jimmy Pageは、多分にアメリカ市場を意識した音づくりに挑みました。 そして、Pageの思惑は見事に当たり、アルバムは大ヒット。当時のアメリカ・ツアーは、史上最高の観客動員数を記録。 この勢いに任せて、1975年にリリースした「Physical Graffiti」も、2枚組のボリュームながら超メガ・ヒットを達成。彼らの行く手を阻むものなどないと思われました。 しかし、順風満帆のはずだったその1975年に、Robert Plantが交通事故により重傷を負い、ワールド・ツアーは中止。 それでも、Plantが怪我を押して録音を成し遂げた「Presence」が1976年にリリースされ、Zepは白鳥の歌どころか、不死鳥のように蘇ります。 しかし、不幸は重なり、1977年には、Plantの長男が病死し、またも活動は停滞。 彼らは不屈の精神で、1979年イギリスのネブワースで復活ライブを敢行。この時の、Pageの「やったぜ」と言わんばかりの笑みを記憶している方は多いと思います。 そして、例によって凝ったジャケットの「In Through the Out Door」がリリースされ、まだまだ彼らの時代は続くと思われたその矢先、1980年9月のJohn Bonhamの事故死(Pageの自宅にメンバー全員で泊まり込んだ日に、嘔吐したものが喉に詰まり窒息死)により、Zepは解散を余儀なくされます。 先日のNHK「SONGS」でのインタビューで、Pageが「Bonhamの死をどう感じたか?」と質問され、しばし沈黙の後、「君ならどう思う」と挑みかかるように答えたシーンを忘れることが出来ません。 さて、既に何度もリマスターされたZepの音源ですが、今回、Pageの監修により最新デジタル・リマスターが施されリイシュー。Deluxe Editionは、ファンが驚喜しそうな未発表音源付きの2枚組となっています。 このDeluxe Editionは3面仕様で、裏ジャケットのデザインが、正規ジャケットの色を反転させたネガフィルムのような体裁。 正規盤が完成に至るまでの試行錯誤が記録された、いわば「ウラ盤」がその未発表音源であることを暗示しているかのようです。 最新リマスターのDISC1。音がよりクリアになり、ギターがぐっと前面に出てくるようです。それは、1曲目「The Song Remains The Same」に顕著。 2曲目「The Rain Song」でも、アコギが目の前で演奏されているかのようにリアルに響きます。曲の持つ、郷愁感のようなものも強調されているのでは? 3曲目「Over The Hills And Far Away」は、Plantのハイトーン・ヴォイスの輝きが増しています。 4曲目「The Crunge」は、米国市場を十分意識したファンク調で、ここでもPlantのヴォーカルがくっきり際立っています。 Pageの進化したリフを聴くことが出来る5曲目「Dancing Days」は、アルバム中、最もキャッチーで、今回は、ギターのクリア度が増しています。音の分離も良く、キーボードもクッキリしています。 レゲエの要素が取り入れられた6曲目「D’Yer Mak’Er」では、重いドラムスの響きが鮮やか。 Page and Plantの1994年のアルバム ・タイトルにもなった7曲目「No Quarter」は、ミステリアスな雰囲気はそのままに、キーボードが前面に出てきます。 これも、米国市場を狙ったと思われる8曲目「The Ocean」。ギターと共に、バック・ヴォーカルがクリアになり、最後にドゥーワップまでも登場することがはっきり聴き取れます。 待望の未発表音源DISC2。 1曲目「The Song Remains The Same (Guitar Overdub Reference Mix)」は、ヴォーカル抜きのバージョンですが、インストでも十分通用する出来栄えは流石。 2曲目「The Rain Song (Mix Minus Piano)」は、ピアノ抜きのバージョン。 3曲目「Over The Hills And Far Away (Guitar Mix Backing Track)」は、ギターが前面に出たカラオケです。 4曲目「The Crunge (Rough Mix - Keys Up) 」は、よりファンクっぽい仕上がり。 5曲目「Dancing Days (Rough Mix With Vocal) 」は、ヴォーカル入りで、最もそれまでのZepのスタイルに近い演奏が繰り広げられています。 6曲目「No Quarter (Rough Mix With Jpj Keyboard Overdubs - No Vocal)」は、タイトル通りJohn Paul Jonesのキーボードがオーバー・ダビングされたカラオケ。 ラスト7曲目「The Ocean (Working Mix)」は、一発録りに近いようで、ライブ感が充満。 リリースから40年以上を経て、今なお色褪せない傑作を、ネガティブな面も含めて見つめ、オモテとウラから楽しみたいと思います。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    メロンパン  |  神奈川県  |  不明  |  2013年08月02日

    「レイン・ソング」は秀逸だが、その他の作品には軽さを感じた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KENJI  |  福岡県  |  不明  |  2013年05月01日

    誰が何と言おうとゼップで始めて捨て曲が無いと思った名盤 今は捨て曲など存在しないと思うが当時ガキの俺にはそう感じた ジャケットも印象的

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    pekopapa  |  埼玉県  |  不明  |  2013年01月27日

    曲よりジャケットが気になって良く聴いたアルバムだな。今までのZEPと違う雰囲気があったね。ジョンポールジョーンズが主役というアルバムだね。ほとんどブルース色がない作品が多いね。でも良いアルバムだよ。聴いてみて下さい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    たか  |  神奈川県  |  不明  |  2011年07月10日

    「The Song Remains The Same」は風格を感じるスピード感溢れた名曲。「The Rain Song」は美しい叙情的な一品です。「The Crunge」のようなファンク風な曲も収録しており、何度聴いても飽きることがありません。音楽的な幅を感じさせる文句なしの名盤!!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    オシャマン  |  福岡県  |  不明  |  2011年02月22日

    フィジカル・グラフィティと並んで、ツェッペリの最高傑作。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    がすたふ孫  |  神奈川県  |  不明  |  2010年09月09日

    どの曲もそれぞれ多種多様、バラエティーに富んだ曲が並ぶが、とっ散らかった印象もなく、アルバム一枚としてしっかり完成されているのは、流石としか言いようがない。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ラジオ関東・AT40  |  東京都  |  不明  |  2009年05月24日

    Fは、なんでこんな渋いギターフレーズを作れるのだろう?Aは、泣けてくる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    kay  |  不明  |  2009年03月10日

    ZEPの中で好きなアルバムです。SHM-CDということで、高音質でも聴き比べてみたいアルバム。ヒプノシスのジャケットも最高です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    Shop In The Park  |     |  不明  |  2008年10月09日

    理屈の上では配信の音が一番高音質。気づかないような差なのかも知れないが、SHM-CDの売り手がそういう理論(?)やデータを並べて売っているのだから仕方がない。配信なら売り切れないから、よく見極めて購入するべきだ。ノイズ入りのオーシャンは外す、という手もあるし…。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yukari  |  tokyo  |  不明  |  2008年09月30日

    I think that Houses Of The Holy and Led Zeppelin 1 , are the best sounding of all of these Shm-cds. They all sound great , however , those 2 sound the best. Buy these before they are all sold out. You will not regret it.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ZEPオッサン  |  新潟  |  不明  |  2008年09月14日

    SHM−CDを聞きましたが マスターはフォーエヴァー・ヤング・シリーズとは違うみたいですね。純粋に1994年リマスターのSHM−CD化なのでしょうか?。 確かに従来の硬質な音の中にも低音の豊かさや余裕のあるSHM−CDの特徴を感じます。賛否両論あるでしょうけど、これはこれで興味深く楽しめました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    canada  |  toronto  |  不明  |  2008年09月14日

    I have actually HEARD this LED ZEPPELIN SHM-CD , and all that I can write is wow , wow , and more wow!!! This is , by far , the best version of this album out there. They did use the 2003/2005 [made in Japan] paper sleeve editions for their sound.This sounds far , far better than the 1994 re-masters. Do your self a favour and listen to just 1 of these SHM-CDs. YOU will not be disappointed at all. There is a reason that they are selling out so fast.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:73件中1件から15件まで表示