トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > ミケランジェロ組曲(イタリア語版)、6つのロマンス、他 フィンリー、T.ザンデルリング&ヘルシンキ・フィル

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD ミケランジェロ組曲(イタリア語版)、6つのロマンス、他 フィンリー、T.ザンデルリング&ヘルシンキ・フィル

ミケランジェロ組曲(イタリア語版)、6つのロマンス、他 フィンリー、T.ザンデルリング&ヘルシンキ・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2018年06月15日

    ショスタコーヴィチはロマンスと題する歌曲集をいくつも書いている 日本の詩による”6つのロマンスOp.21”もあるが これはイギリスの詩に作曲したOp.62だ このピアノ伴奏版を晩年小オーケストラ版にしたOp.140が一般に知られていた トーマス・ザンデルリンクが取り上げたのは オリジナル版が書かれた翌年に創られていた大オーケストラ版なのだ 長く公表されていなかったのでOp.62aとなった 初録音となるが続く”ミケランジェロ組曲Op.145a”も初めてだ ロシア語に翻訳された詩にショスタコーヴィチは作曲したのだが ここでは原詩なのだろうかイタリア語で歌われている どのような経緯でイタリア語版があるのか分からないが 聴いてみて ことさら印象が変わった印象はない ショスタコーヴィチの特徴であるバスの歌唱を大胆なオーケストレーションで聴くと やはり交響曲へつながる途次であるように感じられてしまう マーラーと発想を同じくする作曲家だったと思う 色気はないが虚心に耳傾けるのも一興だろう あなたも如何  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示