ショスタコーヴィチ(1906-1975)

SACD Sym, 8, : Gergiev / Kirov O (2011-2013)

Sym, 8, : Gergiev / Kirov O (2011-2013)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    村井 翔  |  愛知県  |  不明  |  2016年05月04日

    データによれば2011年6月、2012年5月、2013年3月とずいぶん時間をかけた録音。しかもライヴではない。フィリップスへのショスタコーヴィチ交響曲の最初の録音も8番だったし、やはりこの曲には特別な思い入れがある様子。ゲルギエフのショスタコーヴィチ録音(なぜか『ムツェンスクのマクベス夫人』をまだ録音も録画もしていないが)の中では第一に推されるべき出来ばえだろう。この曲の録音はどうしてもムラヴィンスキーと比べられてしまう宿命がある。ウィッグルスワースのように暴力的な大音量、いわば音圧で押しまくるのを避けて、内省的な演奏に徹するしかムラヴィンスキーの呪縛から抜け出す手はないように思えるが、ゲルギエフは基本的にムラヴィンスキー路線。その現代版、あるいは進化版だ。今回は特に両端楽章のテンポがムラヴィンスキーより遅いので、より丁寧な印象が強いが、クライマックスでの大音量はいつも通り、いや、いつも以上。第3楽章は「アレグロ・ノン・トロッポ」の指定を守って、あまり速くならないが、むしろ機械的なインテンポの遵守が酷薄な感触を強めている。最後の一撃(譜面上は第4楽章冒頭)の凄まじさは、スピーカーが飛びそうなほど。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ミック  |  千葉県  |  不明  |  2014年01月12日

    やっとムラヴィンスキーの82年盤以外の名盤が現れました。 熾烈な弦で始まるムラヴィンスキーに比べると若干落ちるかもしれませんが、ゲルギエフも大健闘しています。 ゲルギエフは同オケで以前にも同曲を録音していましたが、 第二、第三楽章が非常に物足りなく、第一楽章のクライマックスの後のイングリッシュ・ホルンの独奏部分も弱々しく、 部分的に若々しい鋭さはありましたが、全体としてはやや深みに欠けていました。 しかしこの新盤は第一、第五楽章などは泰然とした遅めのテンポを取り、深みを増しています。 もちろん、第二、第三楽章も非常に雄弁に物を言っており、ムラヴィンスキーに次ぐ名演だと思います。 第一楽章のクライマックスでの衝撃もムラヴィンスキー以来なら、 その後のイングリッシュ・ホルン独奏もムラヴィンスキーに次ぐ哀切漂う雄弁さです。 今回、こうしてムラヴィンスキー、ゲルギエフと比較試聴して、この交響曲の素晴らしさに改めて感銘を受けました。 ショスタコーヴィチの交響曲は素晴らしいです! これからも是非、ゲルギエフをはじめ、もっともっと多くの指揮者に、ショスタコーヴィチの交響曲を積極的に演奏、録音して頂きたいです!

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    bing-chris  |  広島県  |  不明  |  2014年01月06日

    3楽章のダイナミックスが強烈すぎる。もう少しで私のオンボロ装置が壊れるところだった。そうですよ、あのギロチンが落ちる音楽。死神がカマを持って行進するような。他の楽章もSACDならでは。ほの暗い、光の届かない闇を描写するには、CDでは不足しますが、SACDなら聞く方も楽です。でも、どうせならBlu-ray AUDIOでも聞きたいですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示