トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > 交響曲全集 バーンスタイン&シカゴ響、チョン・ミョンフン&フィラデルフィア管、ネーメ・ヤルヴィ、カラヤン、ロストロポーヴィチ、プレヴィン、他(12CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD 交響曲全集 バーンスタイン&シカゴ響、チョン・ミョンフン&フィラデルフィア管、ネーメ・ヤルヴィ、カラヤン、ロストロポーヴィチ、プレヴィン、他(12CD)

交響曲全集 バーンスタイン&シカゴ響、チョン・ミョンフン&フィラデルフィア管、ネーメ・ヤルヴィ、カラヤン、ロストロポーヴィチ、プレヴィン、他(12CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    おみつ  |  東京都  |  不明  |  2018年04月15日

    ヤルヴィ=NHK交響楽団のライブで5番、10番、7番に魅かれて、どうせならと全集を購入。特に10番はカラヤンの名盤が入っているので全集としてのポイントが高い。ベルリンフィルの力強さはロシアのオケとは一味違った迫力で聴く価値あり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    abbadondon  |  栃木県  |  不明  |  2014年01月04日

    ばら売りでほとんど持っているのでレビューを書きます。 所有しているのが、1.2.3.4.6.7.8.9.10.11.12番で、 5番のロストロポーヴィチとヤルヴィの13〜15番は聴いていません。 特に印象に残るのが、フィラデルフィア管とミョンフンの4番、ロンドン響とプレヴィンの8番、エーテボリ響とヤルヴィの12番です。 7番レニングラードもバーンスタインが全集を手掛け始めた最初の録音で、シカゴ響との今となっては一期一会の素晴らしい演奏です。 全体に非常にレベルが高い全集となっていてお勧めです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示