Roxy Music

SHM-CD For Your Pleasure

For Your Pleasure

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (12 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:13件中1件から13件まで表示

  • ★★★★★ 

    精神異常者  |  21世紀  |  不明  |  2007年07月05日

    この完成された音世界は後期KING CRIMSONや同VAN DER GRAAF GENERATORと較べても遜色がないほどで、フェリーのゴージャスなバンド構想を土台にイーノの音響センスが大輪を咲かせた印象。@やAのあたかも特殊な電磁波を帯びたような音響処理やGの終盤へと向かう過程の得もいわれぬ浮遊感は最高で『ミュージック・フォー・エアポート』以上に彼の才気が凝っている気がする。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    いやみなぶらいあん  |  世田谷区  |  不明  |  2007年03月07日

    たしかにロキシーの最高傑作であるこのアルバム。イーノの脱退騒動のさなかに制作、発表されたのだが、分裂感がいい意味で、この盤の完成度を高めるのに貢献をしている、稀有な例だ。M4、M5、M6に集約されるのだが、んーん、やはりイーノにはもう少しバンドに残ってもらいたかったなあ・・・ある意味これ以降のロキシーは、音楽的な完成度は上がったが、フツウのバンドになってしまったのかもしれない。ブライアンの個性全開の、いわゆるロキシーなミュージックに・・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    涸れ井戸スコップ  |  埼玉  |  不明  |  2005年07月11日

    『アヴァロン』をバンドの集大成的な「極上イージー・リスニング」とは認めるものの、よりロックの輝きとロキシーの存在意義とはこちらにあって、早い話が『フォー・ユア・プレジャー』が真の最高傑作なのさ!三十数年も前なのにまったく古びていない驚異的な...こんな文句はいささか陳腐かも知れないが、誇張にあらずほんとうにそうなので自分の耳でぜひ確かめて欲しいお薦めの一枚。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    半可臭い21世紀  |  埼玉県  |  不明  |  2009年02月20日

    何処でもあっちでもお約束ですが、イギリスにロキシーミュージックあり、アメリカにスティーリーダンあり、日本にN評あり(笑)。私にはコレが最高傑作。アヴァロンとカントリーライフよりもね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    マーチン  |  大阪  |  不明  |  2006年09月19日

    やはりブライアン・イーノのアンビエント/インスト音楽の影が色濃いですね。とても独創的。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年04月07日

    ブライアンがイニシアチブ取る、始めのアルバム。一貫したダンディズム、独特の世界に引き込む。イーノは環境音楽的世界にやがて進む。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    JANIS  |  SAITAMA  |  不明  |  2006年01月27日

    BRYANとBRIAN、ふたつの才能の絶妙なバランスの基に展開される独特な世界。このふたりが居るROXYが好き。おませな少女は、当時ダンディなフェリーおじさんが大好きでした。BUT、ENOが抜けたROXYは魅力半減。私のROXYは、この2作目。英国の薫り漂う名盤です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    フォー・ユア・ブラジャー  |  アヴァロン  |  不明  |  2003年11月20日

    フェリー自身最高傑作と認める超名盤。ストランド調の1、4と現代詩の朗読5が凄い。LPでB面だった6-8の流れが圧巻。特にラストのタイトルトラックは30年前の作品とは俄かに信じ難いと思うのは決して僕だけではあるまい。この歌詞の「タラ」と「アヴァロン」収録のあの名曲「タラ」の因果関係知っている人いたらご教示下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    音響マニア  |  another blue world  |  不明  |  2003年08月29日

    どっちかというと前作「Roxy music」の評価が上のようだが私はこちらをもっと推したい。大作6と8はイーノ無くしては生まれない実験・前衛さが異形の魅力を生んでいる。後者は今だとレゲエのダブのような処理だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    あぶ  |  東京  |  不明  |  2003年07月16日

    曲の完成度が上がり独特の世界を展開し始めた傑作です、LPで聞いた時A面B面で肌触りが違うなぁって印象あったんですがCDで聞くとそうでもないですねぇ。今作でイーノクビでこのバランス感が失われたのが残念でしたね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yoc  |  兵庫県  |  不明  |  2003年01月13日

    完成度の高い名曲「ドウ・ザ・ストランド」で始まるロキシーのショーは、「エディションズ・オブ・ユー」で最高潮に達する。いった何だ?このキーボードソロは!そして後半はじっくりとフェリーの歌を聴かせ、たまらない荒涼感のタイトル曲で締めくくる。歴史的名盤だ。騙されたと思って聴いてみろ。間違いなく歓喜の涙に打ち震えるはずだ。聴け!yoc(カルト・ミュージック・コレクション)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yoc  |  兵庫県  |  不明  |  2002年10月13日

    完成度の高い名曲「ドウ・ザ・ストランド」で始まるロキシーのショーは、「エディションズ・オブ・ユー」で最高潮に達する。いった何だ?このキーボードソロは!そして後半はじっくりとフェリーの歌を聴かせ、たまらない荒涼感のタイトル曲で締めくくる。歴史的名盤だ!聴け!yoc(カルト・ミュージック・コレクション)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ドンサノヴ  |  船橋  |  不明  |  2000年12月15日

    曲調は前作の延長線上にあるが完成度が抜群に高く、特に1―5は傑曲揃い。フェリーとイーノの才能が上手く融合して独自の世界を築いており、セクシーさと不気味さが共存したような、一種独特の音世界を展開している。名曲の誉れ高い1と5は映像で観るとさらに愉快。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:13件中1件から13件まで表示