Busch / Schubert

CD Divertimento For 13 Solo Instr

Divertimento For 13 Solo Instr

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    黒熊怪  |  千葉県  |  不明  |  2013年06月09日

    ブッシュ最高のシューベルト解釈がD929であることは、古くから知られていた。シューベルトの悲劇的崇高さを誰も匹敵できない名演として成し遂げた歴史的演奏、HMVの1935年ロンドンでの録音も素晴らしかった。そしてこのブッシュ最晩年の米国バーモントでの録音は、緩徐楽章の比類のない美しさと深さを、大きな広がりの中にとらえることに成功した傑作となった。最晩年のシューベルトが成し遂げた決定的な精神のスケールと偉大さ感じさせる。対位法の大家ジーモン・ゼヒターに師事し、倒れる最後の日まで前進しようとしていた。シューベルトが没して、ゼヒターの下で学んだのがブルックナーだった。彼の人生が、ほぼベートーベンの人生の中に含まれていたことが不思議であり、後期SQ.14番を聞いたシューベルトが、友人が心配するほどの衝撃をうけたという深層に到達していた。それにしても音楽の世界はあまりにも多くの希望を失うことになった。高品質のこの録音は、ブッシュの比類のない深いバイオリンの解釈とともに、ゼルキンの演奏が既に伴奏者の演奏から、世界に名だたる大家に至る風格を備え始めており、さらに演奏の真価を高めている。実に大きな精神的スケールでシューベルトの真の天才を観念する演奏だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示