トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブルックナー (1824-1896) > ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』、シューベルト:『未完成』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1984東京ライヴ)(シングルレイヤー)

ブルックナー (1824-1896)

SACD ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』、シューベルト:『未完成』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1984東京ライヴ)(シングルレイヤー)

ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』、シューベルト:『未完成』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1984東京ライヴ)(シングルレイヤー)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:19件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2012年11月25日

    テンシュテットと言えば、近年発掘された様々な壮絶な名演によって、ますますその人気が高まっているが、いわゆるマーラー指揮者のイメージが強いと言えるのではないだろうか。確かに、これまでに発売されたマーラーの交響曲の圧倒的な超名演の数々を考えてみれば、それは致し方がないことと言えるのかもしれない。しかしながら、テンシュテットは、ブルックナーの交響曲の録音もかなりの点数を遺している。すべての交響曲を録音しているわけではないが、第3番、第4番、第7番、第8番については、自らのレパートリーとしてコンサートでもたびたび採り上げていたと言えるところだ。そうした4曲の交響曲の中でも、テンシュテットが最も採り上げた交響曲は第4番であったと言える。最初及び2度目の録音はベルリン・フィルとのスタジオ録音及びライヴ録音(1981年)、3度目の録音は、本盤におさめられたロンドン・フィルとの来日時のライヴ録音(1984年)、そして4度目の録音がロンドン・フィルとのライヴ録音(1989年)となっている。これから新たなライヴ録音が発掘されない限りにおいては、交響曲第4番は、テンシュテットが最も録音したブルックナーの交響曲と言えるであろう。テンシュテットによる同曲へのアプローチは、朝比奈やヴァントなどによって1990年代にほぼ確立された、いわゆるインテンポを基調とするものではない。テンポの振幅や思い切った強弱の変化を施すなどドラマティックな要素にも事欠かないところであり、テンシュテットが得意としたマーラーの交響曲におけるアプローチに比較的近いものと言える。したがって、こうしたテンシュテットによるアプローチは、交響曲第7番や第8番においては若干そぐわないような気がしないでもないが、第4番の場合は、相性がいいのではないかと思われるところだ。4つの演奏のいずれも名演であるが、やはり演奏の持つ根源的な迫力という意味においては、第1に1989年盤、そして第2に本盤の演奏を掲げるべきであろう。本盤の演奏におけるテンシュテットのアプローチも、比較的ゆったりとした曲想の進行の中に、前述のようなドラマティックな要素(とりわけ第3楽章)を織り交ぜたものとなっている。もっとも、スケールが小さくなることなど薬にしたくもなく、ブルックナーの本質をいささかも逸脱することがないというのは、テンシュテットの同曲への深い理解と愛着の賜物と言えるところだ。オーケストラは、必ずしも一流とは言い難いロンドン・フィルではあるが、テンシュテットの圧倒的な統率の下、ベルリン・フィルにも比肩し得るような見事な名演奏を展開しているのが素晴らしい。いずれにしても、本盤の演奏は、テンシュテットならではの圧倒的な名演と高く評価したいと考える。カプリングのシューベルトの交響曲第8番「未完成」は、ブルックナーの交響曲第4番とは一転して、いかにもドイツ風のオーソドックスな名演だ。音質については、FM東京の音源だけに従来CD盤でも比較的良好な音質であったと言えるが、今般のシングルレイヤーによるSACD盤を聴いて大変驚いた。従来CD盤とは次元が異なる見違えるような鮮明な音質に生まれ変わった言える。いずれにしても、テンシュテットによる圧倒的な名演を、SACDによる高音質で味わうことができるのを大いに歓迎したいと考える。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ガリ  |  泪橋  |  不明  |  2008年10月17日

    ブルックナーが素晴らしかった。第2楽章の寂寥感と濃さも凄い。ただ基本的には真面目で堅実な演奏という印象でした。コーダもヴァントやベームが派手と思われるぐらい、地味かつストレートに盛り上がるのには好感が持てた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    としちゃん  |  宮城  |  不明  |  2008年06月01日

    音楽に没入する音楽家集団の熱気にうたれるCDだ。ロンドンフィル自主制作盤よりも録音が良く、演奏のほころびも気にならない程度であることが嬉しい。演奏後の拍手と歓声も、この程度であれば許せる範囲だと私は感じた。でもやはりいらない。聴いた後の余韻は、聴いた人のためのものである。ヨッフムの第7などに聴かれる、全てを台無しにする雄叫びを、なぜ大切なもののごとく収録するのか。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  船橋市  |  不明  |  2008年03月13日

    ブルックナーはテンシュテットとして、ちょっと納得いかない演奏だったと思われる。おそらく細部まで詰めきれない部分が多く、それは奇しくも余白に入れられたゲネプロにも伺える。ただ、さすがライブで発する灼熱感は、オケの奔るまま振り込み引き出している。まあ、きわめて無骨なブルックナーの音楽のスタイルを超越した名演というべきか。未完成は逆に完成された演奏で、手馴れた捌きが音楽の美を際立て、さすがと言うべきか、あるいは‥‥

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    犬くんくん  |  縦浜  |  不明  |  2008年03月09日

    ブルックナーは可能な限り、良質の録音で聴きたい。テンのブル4は数種類あるが、録音はこれがベスト。文句なし。テンのブルはブルらしくないと言われるが、私には「らしさ」というのがわからない。しかし、全体の設計(パースペクティブ)を見据え、一つ一つの音に意味を与えつつ鳴らしていることはわかる。一つ一つの音の主張が強いので(強すぎ(笑))、動的に聴こえるが、それが鋼のように心を響いてくるところが良い。響きが決してぶよぶよと肥大しない。テンの偉大さが偲ばれる。テンのブルは絶対に一発撮りライブが凄い。最高です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    犬くんくん  |  縦浜  |  不明  |  2008年03月09日

    ブルックナーは可能な限り、良質の録音で聴きたい。テンのブル4は数種類あるが、録音はこれがベスト。文句なし。テンのブルはブルらしくないと言われるが、私には「らしさ」というのがわからない。しかし、全体の設計(パースペクティブ)を見据え、一つ一つの音に意味を与えつつ鳴らしていることはわかる。一つ一つの音の主張が強いので(強すぎ(笑))、動的に聴こえるが、それが鋼のように心を響いてくるところが良い。響きが決してぶよぶよと肥大しない。テンの偉大さが偲ばれる。テンのブルは絶対に一発撮りライブが凄い。最高です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    エステ荘の噴水  |  奥州  |  不明  |  2008年02月29日

    20数年前、話題のテンシュテット初のブルックナーのLPを購入。しかしそのあまりにマーラー風なブルックナーに驚き「だめだ、こりゃ」と仕舞い込み、やがて売り払いました。今回FM東京のシリーズが随分と安くなったので購入して聴いて見ました。やはりマーラー風。のた打ち回る、おどろおどろしいブルックナーです。でも今回の感想は「これもありかな」。印象が変わったのはライブのせいか、時代の流れか、私自身の変化か、いずれにせよ、興味深い聞き物だと思います。なお、マーラー風のゆったりとした未完成が悪いはずはありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    伊東洋輔  |  神奈川  |  不明  |  2008年02月25日

    再投稿:先に私はブルックナーを「いまいち」と評したが、それからこの曲を(他の指揮者のそれも含めて)何度も聴きなおした結果、随分早いようだが「すばらしい」に変えさせていただく・・第一楽章はおとなしいうえにアンサンブルの粗さに耳がいってしまうが、後の3楽章ではエンジンがかかったように熱気を孕み、少々の瑕疵など気にならなくなる程の充実ぶりを示す。てな訳で前回のレヴューは撤回させてもらいます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    安曇野のカラヤン  |  長野県安曇野市  |  不明  |  2008年02月21日

    テンシュテット指揮のライヴは本当に興味深い。この録音もブルックナーの4番の第一楽章の前半など弦楽器のアンサンブルが整っていない部分などあって「大丈夫かな」と思うところもあるが、全力でTUTTYが演奏されると本当に素晴らしい。ロンドンフィルだってやってくれるじゃないか!第二楽章の冒頭などは弦楽器のアンサンブルは実に良くなっている。音楽が生き物と思わせてくれる点もこの指揮者ならではと思う。この値段なら購入する価値十分と思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ssaoki  |  埼玉県  |  不明  |  2008年02月21日

    当時FM東京の「オリジナルコンサート」でこの演奏(ブルックナー)をエアチェックしました。それがブルックナーを聞いた最初でしたが非常に感動したことを覚えています。その後、いろいろな演奏を聞いた後、ブルの4番はチェリかヴァントのMPOを自分の中での定番としていましたが、このCDが出て改めて聴いてみていいなあと思いました。賛否両論あるかとは思いますが、聞いて感動するのは確かだと思います。味のある演奏です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    伊東洋輔  |  神奈川  |  不明  |  2008年02月21日

    「未完成」が「すばらしい」、でブルックナーが「いまいち」・・てなわけで中を取って「OK」にした。ここでのブルックナーはブラスが矢鱈に前のめりで浮き足立ったような印象を与え、弦のセクションとのバランスがどうも良くない・・ただ音の録り方が偶々悪かったのか、実際には会場ではどう聴こえたのか。・・いずれにせよ少なくとも私には期待が大きすぎたのか、不満の残るアルバムである。ただリハーサルが収録されているのは嬉しい限り。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    たか  |  東京  |  不明  |  2007年10月08日

    ブルックナーの方はあまりちゃんと聴いていなかった。久しぶりに聴いたがちょっと違和感を感じた。ハース版とあるが改訂版にある第一楽章のティンパニ追加と第四楽章のシンバル追加が採用されているのは疑問。特にシンバルの音はかなり派手でギョッとする。生ではどうだったのだろうか? ビブラート多めの弦は濃厚に歌うがこのサウンドはマーラーの方がピッタリするように思った。暗い情念を感じさせる未完成の方が聞き物かも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジョックン  |  静岡県  |  不明  |  2007年03月19日

    テンシュテットはマーラー指揮者と言うイメージが強いですが、僕が好きな彼のマーラーは6番のみです。  反面、シューベルトやブルックナーこそ、僕にはテンシュテットの演奏が理想的だと思えます。。 ブルックナーは4番以外では8番しか知りませんが、他のナンバーは演奏しなかったのでしょうか? 9番とか、もし音源があったなら是非聴いてみたいです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    たか  |  東京  |  不明  |  2006年11月04日

    特に未完成は気持ちのこもった演奏だと思う。初来日の頃のテンシュテットは日本での人気はイマイチだった。EMIのデジタル初期の録音があまり良くなく演奏のスケールを捉えきってなかったのではないかと思っている。マーラーの何曲かがART化されて出直したが、EMIには他の曲もリマスターして出しなおしてほしい。テンシュテットの評価は88年の来日後に口コミで高まった。この時のワーグナーのビデオはなぜDVDにならないのだろうか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    KAZE  |  北国  |  不明  |  2005年12月30日

    「うねり、嘆く音楽(シューベルト)」「激しく横に揺れ動き、うねり、猛り狂うブルックナー」と聴くべきなのでしょうね、きっと。でも私には、シューベルトは透明感にあふれた美しい演奏に聴こえ、ブルックナーはスタジオの録音のBPO盤よりゆったりとたゆとう音楽に聴こえます。そういえば、先日発売のマラ5も私には指揮者とLPOがマーラーの音をしっかりと積み上げていく名工たちの名人芸を見る思いで聴いていました。84年4月6日の昭和女子大人見記念講堂で彼等の実演に接した際の感動をよみがえらせながら。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:19件中1件から15件まで表示