トップ > Alicia Keys > Element Of Freedom

Alicia Keys

CD Element Of Freedom

Element Of Freedom

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:20件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    KozMoz  |  北海道  |  不明  |  2011年06月27日

    アリシアをようやく容認できるようになった1枚、とても歌がうまかったのですが、サウンドのテイストがなじめなかった。Bでこれだ、もとめていたものはと実感できました。特にDVDのついた盤は見応えもあります。10周年アニヴァーサリーですし、さらに飛躍してほしいアーティストです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ポイポイ  |  不明  |  不明  |  2011年06月22日

    これまでより少しポップになった印象。 それでもアリシアの世界観は唯一無二のものです。 UnthinkableがR&Bチャートで大ヒットを記録!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ココ  |  山形県  |  不明  |  2010年08月10日

    自分的には期待していたが、いまイチでした.

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    hiro  |  福井県  |  不明  |  2010年07月31日

    なんと、スペシャル・エディションのリリース!新曲も収録のようで嬉しいです!これは買い!ですね。新しいアートワークを期待します!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    kiki  |  埼玉県  |  不明  |  2010年03月16日

    リピートして聴いているお気に入りのアルバムです。特にEmpire State Of Mind は大好きで、「SATC2」の映画でも使われています。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    madman  |  東京都  |  不明  |  2010年01月20日

    '09年発表。今最も注目されている女性R&Bシンガーと言えば間違いなく彼女、アリシア・キーズ。JAY-Zの最新アルバム『ザ・ブループリント3』で参加した"EMPIRE STATE OF MIND"がモンスター・ヒットし、その勢いのまま突入したこの彼女のニューアルバム。先行シングルBはファンの心を鷲づかみにするアリシア節全開のラブ・ソングでその他にもMやビヨンセとのデュエット曲などアルバムの話題性にも事欠くことなく彼女のさらなる快進撃を予感させる内容となっている。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    teke  |  福岡県  |  不明  |  2010年01月15日

    このページ、一見すると高評価のほうが多いようですが、共感数は不評のほうが圧倒的に多いですね。やはりソウルテイストの欠如は非常に残念です。一番よかった曲が日本盤ボーナストラックの#15だったので、国内盤を買っていなかったらと思うとゾッとします。エリカ・バドゥのようにソウルミュージックを貫いて欲しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Rattle  |  静岡県  |  不明  |  2010年01月13日

    全体的にすごく良いアルバムでした。 個人的にこっちのEmpire state of mindの方が好きです。New Yorkに行きたくなった。 アリシア・キーズカッコいい!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    テキサススペシャル  |  愛知県  |  不明  |  2010年01月09日

    今回のアルバムに違和感を感じている人が多いようですが、私も最初は同様に感じました。しかしながら二回目からは単にサウンドの変化に惑わされただけだと気付きました。ファーストシングルのBは普通の出来ですが、CDEFを始めとして佳曲が並んでおり、歌声の素晴らしさ、本質は何ら変わっていません。唯一出来が悪いのがビヨンセ共演のIというのが意外ですが、今回も間違いなく傑作ですし、まだその域には達していませんが、70年代にスティービーワンダーが突如覚醒した様子と似ています。今回の挑戦を私は歓迎します。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    amazing grace  |  佐賀県  |  不明  |  2010年01月07日

    いままで発表した3枚のアルバム、全てがベストセラーになったAlicia Keysの4th!過去3作とは少々違ったテイストで勝負してきた。前作で取り入れ始めたPopとのクロスオーバーを軸に、今作ではさらに彼女の特徴ともいえるピアノサウンドが大幅に後退し、昨今流行のエレクトロを導入した印象。ファーストシングルとしてカットされたBは「No One」っぽいリズム(ただし歌詞は失恋ソング)の良曲だが、トップ10を逃している。続く2ndシングルC、タイトルからバラードと思いきや、重厚な打ち込みがスペーシーな雰囲気を漂わせるミディアム。冒頭を飾るAも重いビートとピアノをバックに、Aliciaか?と思わせるようなヴォーカルで新しい一面を見せる。歌詞はスゥイズのことか?3rdシングル候補と思われるIは今作のハイライトであろう、今ノリにのっているBeyonceをフューチャーした楽しい一曲。ここではあえてBeyonceのお株である早口を多用、二人の声の親和性が高いことも新発見。MはJay-Zとのコラボ楽曲を彼女用に編曲したもの、残念ながらオリジナルのほうが良い。上記した曲のほかエレクトロを大胆に用いたD、Jなどが今作では最も彼女の新しい一面を見せた曲である。ただし、E、G、H、K、Lは相変わらず、ピアノの旋律が美しい曲も配置しているため、既存ファンも要チェックであろう。特にK、Lは個人的にかなり気に入った。総合的に半分は挑戦を感じさせる曲、もう半分は相変わらずピアノを多用した美しい楽曲で構成している。が、すでにR&B/Soulではないかな。最近ブラック勢がPopフィールドで活躍しているのも珍しくない、今作も白人層を若干意識した内容になっているが、充分すぎる良作。1st、2ndのような音楽を期待している人はちょっと…。ただし、純粋にイイ曲を聴きたいという方にはオススメ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    仙台七夕楽天イーグルス  |  宮城県  |  不明  |  2009年12月23日

    厳しい作品ですね。アリシアの個性がなくなっています。前作ASIAMはR&BとPOPミュージックが融合した大傑作アルバムだっただけに、あまりにもポピュラー系の音に偏重した作品の出来で、自分としては及第点が挙げられないね。もっとメロディーに重点をおいたクラシカルなピアノの弾き語りを基盤にした音が好きです。前作はNO ONE以外にSUPERWOMAN、THETHINGABOUTLOVEといった充実した楽曲も多かっただけに、物足りなさがあるね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K.N.P  |  神奈川県  |  不明  |  2009年12月17日

    最高!Doesn't Mean〜とTry Sleeping〜が個人的に最高だと思いました!Empire〜Part2はJAY-Zのラップのあるオリジナルと比べるとオリジナルの方が好きだけどラップ無しでバラードぽくアレンジされたPrat2はこれはこれで全然アリ!!買って損はないと思います!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    moma  |  東京都  |  不明  |  2009年12月15日

    正直前作は最高傑作だったのでそれは超えられてない感はある。若干POP感が強くなったけど、Un-thinkableらへんは1st,2ndフャンにも通じるものがあると思う。まぁAliciaだからこの内容にはちょっよ物足りないって思うけど、それでも他のアーティストに比べると今年のTOP3に入るアルバム

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yuki  |  東京都  |  不明  |  2009年12月11日

    ノスタルジックな2ndが大好きな私も確かに始めは「はー…すっかりPOPになってしまった…」と思ったが、だんだん彼女が言っていた「強さともろさ」「自由とout-of-the-boxを感じる」というコンセプトがよく感じられてきて魅了されていっちゃいました。1曲1曲がどうという説明は重要ではなくて、ここまでにいたるAliciaとこれからのAliciaのことをますます愛していきたくなるAlbumですよーということが言いたい!これまでのAlbumでAretha,Motown,BobMarkeyなど「OLD,CLASSIC」を髣髴とさせ、さまざまな共演などを通し殊にSoul界から寵愛されてきた「ピアノの前に立つと世界一美しくパワフルなネオソウルのタレント、Alicia」その枠から大空に飛び立ち、このアルバムからAlicia第2章が始まる気がするのです!いっとき帰ってこなくていいよ!新しいこといろいろ経験してきて!きっと「今」が確信と幸せに満ちているからこそなんでしょうね☆ライブが過去最大の感動ものになりそう!ヤバイ〜!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    DenCa!  |  UNITED STATES  |  不明  |  2009年12月10日

    Songs&Diary派にはイマイチになるのかな。才能や歌唱力があり、尚かつセールスも抜群!そんなアーティストは必ずって言っていいほど進化を求めて行く傾向にありますよね。今作もボーダーレスで進化していく作品なのかなと思います。イントロ後、愛は盲目なんて意味深な曲から(サウンドやボーカルは珍しくエフェクティブ)壮大な愛の歌がズラッと並んでます。Bエッジがギターを奏でたなら、まるでU2 C前作でいうところのDの系譜 セカンドシングルみたいだが商業要素は感じられない。久々に耳に飛び込むゲートリバーブが新鮮。DEHピアノやストリングスが中心の美曲が並びます。Eはリズム隊レス Fアーバンテイスト Gレゲエ風味 Iまるでビヨ嬢のシングルレディースのようなアップ 2人の絡みが意外にもマッチしてて可愛いです。J今回も殿下風味キター!エロー。Kもうっすら紫テイストのミッド ラストA曲も最後を飾るに相応しい曲。特にNY賛歌はオリジナルのF#m 1発にジガのラップがゴリゴリとしたあとアリシアのバースがガツーンと来るのも燃えますが、コードを展開しジワジワくるパート2も最高です。元々、かっこいいトラックメイクの上に美メロ乗せてるのは彼女な訳だし、こんな感じも素敵と思えます。USボートラは爽やかPOPとアルバムに似合うミッド。まぁ外されたのも分かる気がするかな。私はインポート盤1枚、それと元旦発売の国内Lidを購入予定です。でもホントはダイアリーのようなアルバムを待ってます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:20件中1件から15件まで表示