トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > フィリップス・オリジナル・ジャケット・コレクション(55CD)

CD フィリップス・オリジナル・ジャケット・コレクション(55CD)

フィリップス・オリジナル・ジャケット・コレクション(55CD)

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    匿名  |  福島県  |  不明  |  2013年07月22日

    確かに統一感はありませんが、だからこその闇鍋感。これはこれで大御馳走です。続けて出ているデイヴィス、ハイティンク、ゲルギエフなどのボックスものと”それほど”かぶっていないのもいいところ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2012年08月29日

    Phも55枚ですか。CD黎明期の懐かしい選択は、なかなか。コンドラシンのシェヘラは最高だったのにヒスノイズがひどくって。でもたぶん今回のIconicではOKでしょう。たぶん初発はマスタリングもせず、アナログマスターをそのまま使ったのだと思われます。あー懐かしいと言えば、マリナーのセヴィジャが悲しかった。全曲盤より先に抜粋盤が出たのでパクッと食ってしまった。暫くして全曲盤が出たが、当然パス。未だ全曲を手にしていないので。これは朗報。しかし一貫性なく、セールスでのヒット作を並べたようでもなく、とりあえずDG111のように自社ブランドのアーティストをアーベーツェーで並べたのでしょう。しかし内田先生がメインで2枚連なっているのは良いとして、アルゲリッチはコワセヴィチの「項」で登場するものの、単独表出はなし。あるいは「貢献度」というの算定基準が潜んでいるのかもしれない。まあアイコニックなので美味しそうだから頂きましょう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示