トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > バッハ(1685-1750) > 平均律クラヴィーア曲集全曲 アンドラーシュ・シフ(2011)(4CD)

バッハ(1685-1750)

CD 平均律クラヴィーア曲集全曲 アンドラーシュ・シフ(2011)(4CD)

平均律クラヴィーア曲集全曲 アンドラーシュ・シフ(2011)(4CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    ふくろう  |  福岡県  |  不明  |  2015年05月18日

    やっと理想の平均律に巡り合った感じである。今までのは演奏効果を駆使して作り上げたものばかりだったので、私の気持ちとはかけ離れたものが多かった。シフの演奏を聴いていると、音楽のはるかむこうに、後光をさした観音様のようなバッハが見えてくる。リヒターのマタイ以来である。(マタイの場合はバッハではなく神がみえてくる)   シフは自分の演奏にバッハが見えてこないとだめだという一つの基準を持っているように思う。  CD4枚分のピアノだけの音楽をこれだけおもしろく、新鮮に、楽しく聴かせてくれるシフもすごいが、作曲したバッハはもっとすごい、偉大だ。じっくりと人の心を落ち着かせ、やすらぎが得られる音楽である。中に難しく、分からない曲もあるけど、決して駄作とは思えず、聴き飽きないし、いい曲なんだろうと思う。(BWV910〜916のような偽作は3分も聴いていられないから、歴然とした差がある。)  ピアノのことですが、独特な音色がします。これがベーゼンドルファーでしょうか。古楽器とも思えません。解説にも記載がないようです。誰か教えてください。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sunny  |  兵庫県  |  不明  |  2013年04月27日

    しかし、バッハの音楽は、何と多弁で悲しく深く、味わいがあるのだろう、音楽、人間の進化、変貌は、いったい何なのか、とまで、考えてしまう。何故、これだけ多くの音譜を、調を書き留め、表し、伝えたかったのか。本来、ハープシコードの為の音楽らしいが、そんなことも、どうでもよくなる。21世紀になったって、人を魅了する、これ程、突き詰め、心を満たす、或いは、引っかかりをもたらす音楽。もちろん、過ぎゆく時と共に、聴き流したっていい。現代の秀でた音楽の理解者、実践者、名人、シフと、ECMによる名作、今、ここに。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    うーつん  |  東京都  |  不明  |  2013年02月13日

     聴くたびに新しい発見がある。聴くたびに新鮮な気持ちになる、そんな演奏だ。白と黒の鍵盤から、「前奏曲」と「フーガ」というシンプルな構成からこれほど多彩なパレットのような音楽が生まれるのだから不思議。     今回のシフによる演奏は「虚心坦懐」という表現がぴったりくると思う。バッハの手による平均律はピアニストをそういう気持ちにさせる曲集なのであろう。その中でもシフによるこの新録音はピアニストのそんな気持ちを聴いている私にもごく自然に、スーッとわけてくれるような気がする。まるで開けた窓からとてもさわやかな風がそよ吹いてくるように・・・。そんな気持ちになれるCDとしてお勧めします。

    10人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示