トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > モーツァルト(1756-1791) > ショルティ/モーツァルト・オペラ・レコーディングズ(15CD)

モーツァルト(1756-1791)

CD ショルティ/モーツァルト・オペラ・レコーディングズ(15CD)

ショルティ/モーツァルト・オペラ・レコーディングズ(15CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    ym  |  東京都  |  不明  |  2014年10月28日

    ショルティのモーツァルトは若々しさとリリカルさが魅力的。テンポも軽快で切れ味もよく、聴き手をびっくりさせるような唐突なアクセントのつけ方が実は古楽器系にちかい。アバド以前の20世紀の巨匠指揮者の中で唯一といってもいいくらい古楽に近い演奏をしたショルティの先進性はもっと評価されてもいいだろう。今の時代ならおそらくこのあたりが肯定的に評価されるであろうモーツァルトである。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    konaka  |  広島県  |  不明  |  2013年01月26日

    ショルティのモーツァルト オペラの廉価版の登場で、改めてモーツァルトのオペラを聴く意欲が生まれました。 録音も良く、中でも、「後宮からの逃走」のフィナーレなど迫力がありました。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    パル  |  東京都  |  不明  |  2013年01月24日

    モーツァルトの歌劇を敬遠してきた私に、その素晴らしさを教えてくれたショルティに感謝! 魔笛ではパパゲーノのヘルマン・プライが素晴らしいのは言うまでもないし、若きルネ・コロとハンス・ゾーティンが端役で出ているのも面白い。VPOが絶妙な味付けをしている。 また、フィガロとドンジョヴァンニではルチア・ポップのスザンナとツェルリーナが聴けるのがうれしい。LPOも透明感を感じさせるアンサンブルで見事と思う。 コジ、後宮も楽しい演奏。これら5つの歌劇全般に渡って歌手がみな素晴らしい。ショルティの指揮は明晰、軽快、爽快極まりない。まさにデッカのスタッフが全力を注いで作り上げた録音芸術である。 解説書にはセッション時の写真が多数掲載されこれも楽しい。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    燕の巣  |  静岡県  |  不明  |  2012年09月30日

    一連のショルティのオペラ・ボックスの真価は、内容もさることながら、廉価盤に付属しないことの多い原語歌詞を収めたCD-ROMにある。CDサイズのリブレットだと老眼には厳しいが、PC上で150〜200%に拡大すると見易い。『フィガロ』は女性歌手陣が素晴らしい上に、原語で傾聴すれば伊語の美しさまで堪能できる。『後宮』は優秀録音の名盤だが、更に音域が広がりクリアになってる。原語を見ながら、モーツァルト・オペラの深遠な世界に浸れるのは本当に有難い・・・。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示