トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ウェーバー(1786-1826) > 『魔弾の射手』全曲 ケンペ&ドレスデン国立歌劇場、アルデンホフ、ベーメ、他(1951 モノラル)(3CD)

ウェーバー(1786-1826)

CD 『魔弾の射手』全曲 ケンペ&ドレスデン国立歌劇場、アルデンホフ、ベーメ、他(1951 モノラル)(3CD)

『魔弾の射手』全曲 ケンペ&ドレスデン国立歌劇場、アルデンホフ、ベーメ、他(1951 モノラル)(3CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    oni-bikkuri-syakkuri  |  山梨県  |  不明  |  2017年11月16日

    このゼンパーオーパーエディションと言うシリーズ、すごいですね。このケンペ指揮ドレスデン国立歌劇場演奏の「魔弾の射手」は1951年録音という今から66年も昔の録音ですが、信じられないほど音が鮮明でヴィヴィッドそのものです。当時のモノラル録音の認識が大きく覆されました。一部の並みのステレオ録音の薄っぺらい演奏に比べたら、よほど感動的な演奏で、非常にクオリティの高いサウンドです。一部入力レベルが高いピークでやや音が割れる箇所も無きにしも非ずですが、全体としては非常に満足のいくハイクオリティな演奏と音質です。今まで古いモノラル録音は音質面の不安から敬遠して来ましたが、この年代でこれだけ鮮明な音質であれば、ケンペとドレスデン、そして当時の一流歌手たちによる素晴らしい演奏が、文句なしに楽しめます。ライブ録音ではなくセッション収録なので、歌手の声はオンマイクでくっきりと聴こえ、オケとのバランスも言うことなしです。ケンペファンならずとも、音質重視派のクラシック好きには魅力があると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示