Bjork

CD Homogenic

Homogenic

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:58件中1件から15件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    applecat  |  富山県  |  不明  |  2011年02月06日

    深く暗い海の中でアンドロイドが歌っている、イメージ。 ヴォーカルがなまめかしく、ほんとうに独創的なアーティストだと思います。# 10は母性を感じます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    THINK LIKE A GIRL  |  不明  |  2009年04月29日

    '97年発表。およそ2年ぶりのソロ3作目。ビョーク自身がプロデュースにも大きく関わっている。ゆったりめのテンポ感、アンビエント系の音作りとファットなビートが基調。ストリングスを多用する一方、時にザラザラしたノイズの感触が強くなる。しかし、まるでビョークのまわりを静寂が取り囲んでいるかのように、彼女のボーカルはくっきりと浮かび上がる。語るような、力を抑えた感じだが、張りのある声が存在感を主張する。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sr  |  福岡  |  不明  |  2008年05月10日

    大変良かったです! 最初はジャケットで引いちゃったけど

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    SPIRAL SPIRIT  |  不明  |  2007年10月11日

    デジタルビートとストリングスいう、「新しき」「古き」が奇跡的な融合を果たした名曲”JOGA”。聴き手の精神面に深く染み込んでくるメロディー、そして歌詞。発表から10年経った今でも、ある意味摩訶不思議なジャケットも含めてインパクトは衰えを知らない・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Iris.  |  不明  |  2007年08月27日

    太古の蠢動、満月の海、海岸線の白雲、雷鼓の激突…生命安息の棲窩…97年冬に宿習的に出逢った軌跡…我が音楽観其モノが覆った必燿的セツナ…意識じゃなくて“意思”が独自りでに渇望し喘いだ…ジャケットのインパクトの瞳に衿を正さずにはいられない念い…

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    歌恋  |  東京都  |  不明  |  2006年05月31日

    A今作はエレクトロニクス度の高さ、美しいストリングスの音色、COBAのアコーディオンの生音によって出口を広げられ、そしてビョーク世界へブラックホールの如く勢い良く吸い込まれた。そこで見たモノはすべて抽象化された異空間。悲愴感、愛…。最期には涙という具体物が流れ落ちる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    歌恋  |  東京都  |  不明  |  2006年05月31日

    @実の所、他のPOST等のアルバムは意味が解らず手放してしまった……ちょっと昔のこと。このアルバムは生き残った。恐らく全くを持ってビョークというオリジナルのジャンルに拒否反応を起こしたのか!?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    久遠  |  北海道  |  不明  |  2006年01月13日

    一貫して放たれる圧迫感の凄まじさ。まるで薄暗い空が頭上へと堕ちて来る様な重圧感。そして斬新で刺激を煽るサウンドプロダクションの海を自在に泳ぐ彼女の歌声はそれ等を凌駕する存在感を放っている。ここまで声と云う楽器に体温を乗せられてしまうと、身震いせずには居られない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    犬ちゃん  |  神奈川県  |  不明  |  2005年11月13日

    肉体の鼓動から雄大な情景までイメージが限りなく広がってゆく。ビョークの声には悲しみや怒りに翻弄されない強さがある。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ui  |  toukyou  |  不明  |  2005年11月09日

    今年の夏の終わりメダラのジャッケトに魅せられそこからbjorkを好きになりました!!これは日本先行発売には後6曲はいってるんです!!いつも寝るとききくんですけど2番の終わりくらいで癒されて熟睡してしまいます!!bjorkの強い愛を感じます!! 一番このアルバムがすき!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    bubu  |  山梨県  |  不明  |  2005年07月28日

    ビョークのpowerはCDを通してもそのスゴさが伝わってくる。聞いてると、宇宙とか粒子とか、そんな途方もない事を感じちゃいます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジーン  |  不明  |  2005年07月25日

    UNRAVEL、ALL IS FULL OF LOVE(オリジナルver)、ALL NEON LIKEなんか神の歌ですね☆しかもアルバム「VESPERTINE」も神(究極)の歌だらけ!!聞いてたら穏やかな気分になるし本当に涙が出る!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    loaded  |     |  不明  |  2005年07月25日

    アイスランドはCfcだから結構暖かかったりする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    fugazi兄さん  |  kyoto  |  不明  |  2005年07月09日

    Jogaのstate of emergency〜とemotional landscapeの箇所でなんか一気に涙が溢れ出てきた。この箇所から、食糧や水などの自然の恩恵を軽視し、開発、行き過ぎた文明化、戦争、資源の奪い合いと飢える人が絶えないこの現実と人の欲、アメリカの裕福な人はより裕福になり、飢える人をもっと飢えさせる正義の革命?(ジャスティスらしいです。)を連想してしまって、そして自分には何も出来ない無力さを思って泣いてしまった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    かずき大統領  |  神奈川  |  不明  |  2005年05月20日

    ヴァーヴを聴いたときのオアシスの(ぽんち弟)りあむ・ぎゃらがぁみたいにヘット゛フォンでjogaを連続して30回以上聴いた。勝手に涙が出てきた。この人は少年のような心を持っていると思った。Rockなのに超(死語)soulだと思った。出身のアイスラント゛のように(行ったつもり?)暗くて氷点下の世界で、僕は生きるという感情を学びました。jogaはRockの最高峰だと僕は勝手に確信しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:58件中1件から15件まで表示