トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > マスネ(1842-1912) > 『サンドリヨン(シンデレラ)』全曲 ペリー演出、ド・ビリー&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ディドナート、クート、他(2011 ステレオ)(2DVD)

マスネ(1842-1912)

DVD 『サンドリヨン(シンデレラ)』全曲 ペリー演出、ド・ビリー&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ディドナート、クート、他(2011 ステレオ)(2DVD)

『サンドリヨン(シンデレラ)』全曲 ペリー演出、ド・ビリー&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ディドナート、クート、他(2011 ステレオ)(2DVD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    村井 翔  |  愛知県  |  不明  |  2012年09月07日

    マスネ没後100年にふさわしい、この魅力的なオペラの初映像ディスク。同時発売の『ドン・キショット』でも冴えた仕事をしているローラン・ペリーの演出が実にすばらしい。比較的簡素な装置(特典映像で演出家自身が語っている通り、故意に「二次元的」に、つまり絵本の中の場面のように作られている)を使い回しているが、随所にきらりと光るアイデアがある。たとえば、第1幕の終わりでサンドリヨンの身支度を手伝う妖精たちが全員、「灰かぶり」姿なこと。一方、第3幕では「王子」姿で、彼女ら(?)が二人の恋を応援していることが伝わってくる。最初から登場している椅子の背もたれに書かれたアルファベットの意味が終幕に至って分かるのも楽しいし、第2幕のバレエも単なるディヴェルティスマンではなく、物語の進行上、意味のある場面になっている。 フレデリカ・フォン・シュターデ主演の録音では、王子役はテノールに変えられていたが、この上演では元通りのズボン役。つまり、主役二人ともメゾ・ソプラノで、お互いの役柄を取り替えることも不可能ではない歌手が演じるというのが、このオペラの最大の魅力。見た目とフランス語に関しては、さらに望む余地があるとしても、ディドナート、クートともに声楽的には申し分なく、ちょっと倒錯的な二重唱が楽しめる。ハイ・ソプラノの妖精役を加えた第3幕終わりの三重唱は、まさしく『ばらの騎士』の先駆だ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示