トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > レスピーギ(1879-1936) > 管弦楽曲集第1集〜ローマ三部作、組曲『鳥』、他 ラ・ヴェッキア&ローマ交響楽団(2CD)

レスピーギ(1879-1936)

CD 管弦楽曲集第1集〜ローマ三部作、組曲『鳥』、他 ラ・ヴェッキア&ローマ交響楽団(2CD)

管弦楽曲集第1集〜ローマ三部作、組曲『鳥』、他 ラ・ヴェッキア&ローマ交響楽団(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (1 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2018年08月01日

    ローマ三部作の後に”鳥”が入っている バロックのクラヴサン曲を編曲したものだ レスピーギが如何に過去の音楽から多くの素材と想像力を得ていたことか ”鳥”はその学習の美しき結晶だ さらにその後 20代のレスピーギが書いた弦楽合奏曲が並ぶ 組曲にはバロック時代を賑わした舞曲や楽曲名が並ぶ 出発の拠り所は過去の音楽遺産の中にある ヴェッキアとRSOがこうした最初期の作品を代表曲ローマ三部作と並べた意義はある どんな革新も過去の記憶から無縁なところに生まれない レスピーギ音楽の源泉を見つけ 汲んで口に含んでみる経験は表現理解の根幹に根を張る第一歩となる レスピーギの音楽に漲る表出力の下に気品と人肌に触れたがごとき温もりが感じられることを忘れまい 表面に浮き出る機知と色彩を支える矩を超えないフォルムの形成力を感じずにいられない 知情意のバランスの上に立つ個性である だから美しい ヴェッキア&ローマSOの演奏は刺激的ではないから見過ごしてしまうかもしれない だがどの演奏もイタリアの青空の突き抜けた明るさと軽さとそしてそこに内包された生きるが故の人の哀感を湛えていることを見逃すまい 朋よ 聴きたまえ あなたも如何   

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    みきさん  |  愛知県  |  不明  |  2012年04月13日

    まず、ローマの祭りの主顕祭の練習番号46の1小節が欠けている。見事に。まさかこういうカットではないと思うので編集ミスか?あと、チルチェンセスのオルガンパート無し。CD2に弦楽とオルガンの組曲が入っているのに。そこで聞く気が萎えたが、それ以外は遅めのテンポで多少非力ながら活気のあるローマ三部作という印象。星は辛めにさせてもらいます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示