トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > コルンゴルト (1897-1957) > 「死の都」(2枚組) セーゲルスタム/スウェーデン王立歌劇場管弦楽団

コルンゴルト (1897-1957)

CD 「死の都」(2枚組) セーゲルスタム/スウェーデン王立歌劇場管弦楽団

「死の都」(2枚組) セーゲルスタム/スウェーデン王立歌劇場管弦楽団

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2014年01月17日

    時代や政治に翻弄され、天賦の才を存分に発揮することができなかったのかもしれないコルンゴルト。その代表的なオペラ。マーラーとR=シュトラウスとレハールを足して2で(!)割ったような音楽であります。三人を足して2で割るというのはどういうことかといいますと、上記3人の作曲家たちが踏みとどまった部分をコルンゴルトは踏み越えた(飛び越えた)という感じで、しかもそれは新しい世界ではなくて、耽美的・享楽的なところで「越えた」ということです。そこに一種の「危うさ」を当時の人も覚えたのではないかなあ。このオペラも「傑作」だと言い切る自信は私はありません。しかし、「魅力的な作品」であることは断言いたします。美しいメロディーや響きに溢れた、人を酔わせる瞬間の絶えない作品です。演奏は敢闘賞というところでしょう。スウェーデンの歌劇場のライブで、舞台の音や拍手も収められております。ほぼ出ずっぱりのような主役のテノールもかなり頑張っておりますが、発声がやや硬く「ナマ」の声が時に聴こえてそこは残念。ヴォリュームでは女声が勝っちゃったかな。脇役も含め、みんな頑張っているかと思います。ゼーゲルスタムの指揮は無難というところでしょうか。抒情と輝きとでもっと盛り上げることはできたかもしれません。録音は優秀。廉価盤ということもあり、ちょっと興味をお持ちの方にはぜひお聴きするようお薦めいたします。なお、コロを主役に据えたラインスドルフ盤がついちょっと前にいっそうの廉価盤で出回っていましたが、今は入手できなくなったようです。実はそちらが大変に優れた出来栄えで、特にコロの歌は比類ない、最高のものでした。もしそちらを見かけたらぜひともお買い求め下さいませ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示