マーラー(1860-1911)

CD Sym.5: Solti / Cso (1970)

Sym.5: Solti / Cso (1970)

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★☆ 

    七海耀  |  さいたま市  |  不明  |  2007年10月13日

    ”CSOの超ど級の実力を証明する名録音。直線的で硬質な響き。バスの細かな動きや金管群が一つのまとまった楽器に聞こえるほどのアンサンブルの冴え。オーヴァードライヴ気味の録音と、それと分かるスタジオでの音量操作は、この盤でも解消しておらず、やや煩わしい。そういうことを差し引くのなら、このタイプの演奏としては、他の追随を許さない。幾つかあるショルティのマラー5番の中で、最もショルティらしいのはこれだろう。”

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    七海耀  |  さいたま市  |  不明  |  2007年10月09日

    CSOの超ど級の実力を証明する名録音。直線的で硬質な響き。バスの細かな動きや金管が一つのまとまった楽器に聞こえるほどのアンサンブルの冴え。オーヴァードライヴ気味の録音と、それと分かるスタジオでの音量操作は、この盤でも解消しておらず、やや煩わしい。そういうことを差し引くのなら、このタイプの演奏としては、他の追随を許さない。幾つかあるショルティのマラー5番の中で、最もショルティらしいのはこれだろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    eroiika  |  tokyo  |  不明  |  2007年07月18日

    中学生の時初めて買ったマーラー5番(LP)。豪快な金管と剛直な構成美は特に両端楽章で発揮されている。残響豊かなメディナテンプルでの録音も最近の録音と遜色がない。金のない中学生なので磨り減るほどこの1枚をきいたが、しなやかさや潤いが足りないように感じ(特に第4楽章)、しばらく後買ったバーンスタインやカラヤン盤などを好んで聴くようになってしまったが。ホルンやトランペットの巧さや全体を貫く緊張感は辛口好みにはおすすめ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示