CHAGE and ASKA

CD Code Name.1 Brother SUN

Code Name.1 Brother SUN

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    背番号8  |  熊本県  |  不明  |  2006年10月20日

    かなり好きなアルバムだ。「BROTHER」「can do now」「ある晴れた金曜日の朝」等シングルカットしても十分通用する楽曲がズラリ。中でもASKAが久々にギターで作曲したという「201号」がお勧めだ。CAのボーカルと西川進氏のアコギが何とも心地よい。勿論歌詞にも注目である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    こたつねこ  |  京都市  |  不明  |  2005年05月26日

    「201号」が個人的には好き。これは「two of us」「凛」「C-46」の短編小説の冒頭だと思っていい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    はるき  |  東京  |  不明  |  2003年06月19日

    すごい深みがある。特に好きなのは、『can do now』です。お二人の渾身の力が込められているように感じます。静謐の中に、たぎるような力が秘められている。そんな感じです。とにかく良い!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    D  |  不明  |  2003年04月15日

    これは90年代中期のC&Aの姿そのままです。 メロディー・歌詞・曲順全てが最高です。C&Aの多くの曲にいえる事なんですが、飽きない楽曲ぞろいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヒロヤ  |  日高  |  不明  |  2001年11月26日

    僕はこのアルバムを中学の時初めて聞きました。その時は暗いイメージを抱きRED HILLを懐かしく思ったものです。しかしその後NO PAIN NO GAINには何度も励まされました。個人的にC&Aの中でも1、2を争う思い入れの強い曲です。今ではこのアルバムの存在感が何にも変え難いものだと思ってい

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Josie Katz  |  大阪  |  不明  |  2001年05月06日

    彼らの勢いに微かな陰りを感じ始めた95年、それを信じたくなかった僕を喜ばせたのがこれ。ギターポップ勢に触発されて活性化したビートル細胞が2人をこの超絶ポップアルバムの制作に向かわせた。個人的にはXTCの「オレンジズ&レモンズ」に喩えたい程の傑作。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Josie Katz  |  大阪  |  不明  |  2000年10月22日

    C&A版`Oranges&lemons’か!?ブリティッシュ・ギターポップに触発された二人のビートル細胞がフォーク風味に活性化。捨て曲一切無しの超絶ポップアルバム!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示