トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヘンデル(1685-1759) > 『メサイア』全曲 クレオバリー&キングス・カレッジ合唱団、ブランデンブルク・コンソート(1994ライヴ)(2CD+1DVD)

ヘンデル(1685-1759)

CD 『メサイア』全曲 クレオバリー&キングス・カレッジ合唱団、ブランデンブルク・コンソート(1994ライヴ)(2CD+1DVD)

『メサイア』全曲 クレオバリー&キングス・カレッジ合唱団、ブランデンブルク・コンソート(1994ライヴ)(2CD+1DVD)

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    かんたあびれ  |  神奈川県  |  不明  |  2011年12月17日

    とても良いと思います。キングズ・カレッジ合唱団とブランデンブルグ・コンソートの相性が良いし、合唱団はアルトがカウンターテナー起用、オケは小編成で共にヴィブラートを抑えたピュアトーン。教会の残響を効果的に生かした演奏。テンポは古楽オケの演奏が主流となった今となっては標準的なものです。ソリストも実力者揃いで、個人的にはアルトのヒラリー・サマーズが良いと思います。第二部の2曲目He was despisedはホグウッド盤のキャロライン・ワトキンソンに負けてない。DVDはカメラワークがやや単調ですが、教会の雰囲気は良く出ていて、イギリスのお育ちの良い顔立ちの合唱団メンバー、ルックスが標準以上のソリストやヴァイオリン奏者などヴィジュアル的に問題はありません。1993年当時のジョン・マーク・エインズリーは金髪フサフサだった事は新たな発見でした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示