トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 『リゴレット』全曲 レーンホフ演出、ルイージ&ドレスデン国立歌劇場、ダムラウ、フローレス、ルチッチ、他(2008 ステレオ)

ヴェルディ(1813-1901)

DVD 『リゴレット』全曲 レーンホフ演出、ルイージ&ドレスデン国立歌劇場、ダムラウ、フローレス、ルチッチ、他(2008 ステレオ)

『リゴレット』全曲 レーンホフ演出、ルイージ&ドレスデン国立歌劇場、ダムラウ、フローレス、ルチッチ、他(2008 ステレオ)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    燕の巣  |  静岡県  |  不明  |  2012年03月16日

    Emi Virgin の廉価DVD、本当良い時代になったと感じる。BDの高精細な映像に越したことないが、ダムラウ、フローレスなど旬の歌手を堪能して千円なら文句なし。日本語字幕はないが、イタリア語の字幕(英語などもあり)が付いており、生きた語学教材にもなる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Pollione  |  東京都  |  不明  |  2010年09月25日

    2008年にこのプロダクションが上演されてから心待ちにしていた作品がようやく発売になった。 良い点 −ルチッチ(リゴレット)とダムラウ(ジルダ)のデュエット。ルチッチの柔らかくて座りの良い低音とダムラウの輪郭のはっきりとしたシャープな高音の絡みは素晴らしい。全幕を通じて過剰なまでの親子愛とその裏返しとなる悲劇性を見事に表現している。 −ダムラウはドラマチックにもリリックにも歌え、演技も上手い素晴らしいオペラ歌手。流れるように、ひらひら舞うように漂い、時には突き抜ける透明度の高い高音とヴィブラートは官能の極致。 −フローレスもそのNew King of High Cとも呼ぶべき声をソロでは十分に楽しむことが出来る。が、彼の声質はマントヴァ伯爵の役には少し軽すぎるかも知れない。 評価できない点 −今時なぜBlu-rayじゃない?画質に不満があるわけではないが、勿論Blu-rayには劣る。これで☆1つ削った。Blu-rayで出れば買い直すだろう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示