トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > パガニーニ(1782-1840) > カプリス ユリア・フィッシャー

パガニーニ(1782-1840)

CD カプリス ユリア・フィッシャー

カプリス ユリア・フィッシャー

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2010年09月18日

    パガニーニの24のカプリースは、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタと並んで、あらゆるヴァイオリニストの目標である。後者のバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタについては、精神的な面において、弾きこなすのに相当な自己研鑽が必要であるが、前者のパガニーニのカプリースについては、超絶的な技巧を要する難曲だけに、技量の面において、並みいる強豪ヴァイオリニストを寄せ付けない高峰に位置していると言える。ユリア・フィッシャーは、いまだ20代の若手女流ヴァイオリニストであるが、その超絶的な技量にはとてつもないものがあると思う。さすがは、様々なコンクールで優勝を成し遂げてきただけのことはある。同曲を構成する各楽曲を、これだけ表情豊かに完璧に弾きこなす演奏は、これまであったであろうか。技量だけを全面に打ち出した演奏ならば、これまでもいくつもあったと思うが、ユリア・フィッシャーの演奏は、そうした超絶的な技量をベースとしつつ、女流女ヴァイオリニストならではの繊細とも言える豊かな感性を発揮し、全体として、テクニックよりは情感の豊かさを聴き手に感じさせる点が素晴らしい。SHM−CD化によって、ユリア・フィッシャーの研ぎ澄まされた技量や情感豊かさが、より鮮明に味わえる点も高く評価したい。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    angelico  |  東京都  |  不明  |  2010年08月09日

    意外と平凡。もっと各曲の個性を描き分けてるかと思いましたが、 いずれの曲もすでに定着している通俗的な演奏スタイルのままで、 特に新鮮味はありません。 演奏も、もっとエレガントにスマートに弾くかと思ってましたが、 結構パワーでねじふせていて、目が覚めるほどテクニックが優れて いるわけでもない。高音がヒステリックなのもいただけない・・・。 期待していただけに、残念。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    いなまる  |  埼玉県  |  不明  |  2010年08月01日

    ピアニシモの表現が多彩で、ダイナミックレンジを大きくとった演奏です。 微細なテクニックも申し分ないのですが、それを強調するよりも、音楽全体を大づかみに表現した、やや草書体の演奏という印象です。 感動的な演奏ですが、五嶋みどりのディスクが存在する以上、私としては星は4つが限界です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ひかり  |  東京都  |  不明  |  2010年08月01日

    カプリースが単なる技巧的な曲の集合体ではなく、連続した美の集大成であることを実感させてくれる。素晴らしい。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示