VAMPS

CD BEAST (+DVD)【初回限定版】

BEAST (+DVD)【初回限定版】

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★★ 

    神の申し子  |  東京都  |  不明  |  2011年11月04日

    1〜3までの流れ、音のセンス、そしてKAZのギターサウンドが良かっただけに周りの評価があまりに低い。 DEVIL SIDEサイコーーーーーーマジ気持ち良すぎ

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    SUNE0 HONEKAWA  |  兵庫県  |  不明  |  2010年09月12日

    全曲聴いてみたけどCDの購入には至りませんでした。 ANGEL TRIPとMEMORIESは良い曲ですね。 ANGEL TRIPはハイドソロの王道っぽいナンバーですが、 MEMORIESはどこか懐かしい感じがあります! サビが初期ラルクみたいな切ない感じでたまんない。KAZのギターもいいけど、ケンの繊細なアレンジでも聴いてみたいなあ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    Beast244  |  東京都  |  不明  |  2010年08月25日

    聴き終わった瞬間に、「3rdアルバム何時でるかな〜?」・・・と、思ってしまった。 バラつき感が物凄い。 アルバムとして、成り立っていない気がしてならない。 前作の勢いそのままに、又は更なる進化(ハード感・アグレッシブ感)を求めていたリスナーには、薦められない。 「REVOLUTION」は、前作に収録されていても可笑しくない楽曲。 しかし、「MEMORIES」はちょっと・・・。 余りにVAMPSのイメージからは程遠い。綺麗で爽やか過ぎて、ベタな歌詞。 一番不思議だったのは、何故「Kyuketsu」と「LIVE WIRE」を収めなかったんだ??

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    m  |  神奈川県  |  不明  |  2010年07月07日

    先行のダウンロードで一足先に聴きました☆ もちろんLIVEでの生演奏も(*^。^*) 幻想的な曲もあり、ハードな曲もあり、幸福感が胸に染みわたる曲もあり、 みんなで踊りたくなるような曲もあり、VAMPSの深みがあって、個性豊かな 曲ばかりだなと感じました。(^u^) さらに、インタビューなどでも度々お聞きしていますが、 ファンと一緒にLIVEを楽しむために創られたんだな〜とも感じました。 アルバムBEASTは、存在感たっぷり味わえて、LIVEでも栄えますし、 鼓動が高鳴るアルバムです。 LIVEの言葉のに含まれる、そこにいるや生きるという言葉もより実感 出来ます(^o^)丿

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    ばん  |  千葉県  |  不明  |  2010年07月02日

    ズバリ、すべりました。。 1stアルバムの楽曲の質の高さはどこへ行ったのでしょうか。 アルバムに先立ってリリースされた2枚のシングルは良かったのに、 今回は音作りにこだわりは感じられるものの、 楽曲に良さが感じられない曲ばかりです。 全体的に「日本のバンド」に逆戻りという印象です。 楽曲はパンクロック色が薄れ、 ハードロックを流行のサウンド作りでまとめたという印象。 楽曲には度々見られるニューウェーヴの影響も感じますが、 正直ダサイなって思います。 唯一良かったのは「Revolution」。 Vampsはライブで演ったら楽しいな、盛り上がるな、 そういうライヴ全体のセットリストを意識した曲作りに長けているというか、 こういう曲が欲しいなと思っている曲を実際に作ってくるところは素晴らしいと思います。これはさすが。 HYDEの声にもよくあった楽曲ですよね。 ただその意味で失敗した作品は「Piano duet」に代表されるのではないでしょうか。 普段からピアノの楽曲、ピアノと掛け合う弦楽器のメロディに対して良い音楽を聴いていれば、 これで良しとはならなかったはずです。 もちろんVampsはバンドであってミュージシャンであって、 「音楽家」という言葉で括られるような人ではない(また、そうである必要もない)のですが、 こんな中途半端な形でこういった曲は作らない方が良いと思います。 咀嚼しきれていないというか、甘噛みのまま恣意的に作られた曲で中途半端な印象でした。 海外での評価もこれだとかなり低いんじゃないでしょうか。 ☆5つで絶賛したかったのに、バンドが進んだ方向性には首肯しかねます。。 Vampsは「Love addict」に象徴されるようなサウンドを突き進むと思っていたし、 それはすごく正しくて圧倒されていたのに、 「今回は自分好みの方向性に進んでくれなくて残念だ」というのではなくて、 バンドがまた次のステップに進んだんだっていう「納得感がない」のです。 好きな方向性でなくても、バンドがやりたくて前進しているんだと感じられれば 手放しで応援して行けるのに、ちょっとショックです。 ☆は2つ!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示