トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > バッハ(1685-1750) > 無伴奏チェロ組曲全曲 カザルス(2CD)

バッハ(1685-1750)

CD 無伴奏チェロ組曲全曲 カザルス(2CD)

無伴奏チェロ組曲全曲 カザルス(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    STRAD  |  千葉県  |  不明  |  2012年06月09日

    これまでカザルスの演奏はGR盤のLP、オーパス蔵の1回目のCDとこのDocumentsだけで、他の復刻CDを聴いていないのであまり比較はできないが、オーパス蔵より、そしてGRのLPよりはるかにいい復刻といえる。ノイズは殆どなく、それでいて高音、低音などチェロの弦の音がしっかりと聴ける(弦のうなり音まで聴こえる)。改めて聴いてみると、カザルスは当時としてはかなりの演奏技術をもっていることがわかる。そしてその気迫、推進力、バッハへの思いなど、やはり歴史的名演奏であると確信します。現在ではカザルスよりはるかに上手で、表現力のあるチェリストはたくさんいますが、我々の心に届く演奏はそんない多くはない。一方、このCDはカザルスが単なる懐古趣味でもなんでもなく、他のチェリストと伍して素晴らしい演奏家であったことを認識させる不滅の演奏であると確信します。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2010年12月14日

    LP化したエンジェルGR盤で長く聴いていたもので3枚各々の説明・解説とともに紺地に金ラベルのジャケットが特徴でした。更にCD化それも本盤の様にいろいろな音色技術で改訂復刻盤がリリースされて私などには正直フォロー出来ていないのが現状です。たヾ1930年代後半カザルスが小生の年頃での収録、今となっては音状態は勿論演奏技術自体も幾らでも優れている盤は他に散見されるのに彼の本家物というかとにかく曖昧さの無い人生肯定的な悠々とした精神性はクラシック録音盤の「最高」の一角を占めるのに充分だと思います。復刻音質状態は様々であっても基本的には内面精神と外面造形はきっちり聴けチェロ作品としては無論のことカザルス演奏盤としてベートーヴェンのチェロソナタが新約聖書とするならバッハの無伴奏組曲はチェロの旧約聖書に位置づけられることを再認識する本盤です。データ的なものだけは記しておきますね。第1番(1938年録音、演奏タイム計16’00)、第2番(1936年録音、演奏タイム計19’53)、第3番(1936年録音、演奏タイム計20’18)、第4番(1939年録音、演奏タイム計22’40)、第5番(1939年録音、演奏タイム計22’11)、第6番(1938年録音、演奏タイム計28’03)と夫々なっております。何れにしても最低どの盤でも良いのでとにかく先ず手元に置きあとは違う盤でその違い等を楽しむことかと思います。こと演奏に関しては今更何のコメント付け加える必要もないクラシック・レコード中の古典、最高ランクでありましょう。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示