トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > チャイコフスキー(1840-1893) > 1812年、スラヴ行進曲、戴冠式祝典行進曲、デンマーク国歌による祝典序曲、カンタータ『モスクワ』 ゲルギエフ&マリインスキー劇場管

チャイコフスキー(1840-1893)

SACD 1812年、スラヴ行進曲、戴冠式祝典行進曲、デンマーク国歌による祝典序曲、カンタータ『モスクワ』 ゲルギエフ&マリインスキー劇場管

1812年、スラヴ行進曲、戴冠式祝典行進曲、デンマーク国歌による祝典序曲、カンタータ『モスクワ』 ゲルギエフ&マリインスキー劇場管

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★★★★ 

    山形の髭熊  |  山形県  |  不明  |  2009年10月19日

    コントラバス・チェロの厚み金管楽器の咆哮ヴァイオリン群の艶やかさどれ一つをとても文句のつけようが無く、合唱付きで演奏された演奏ものとは比較にならない十音楽的な演奏と言えるでしょう金の演奏にロシア正教の金のを取り入れているあたり小技も十分に聴いています。朝起きての寝ぼけ冷ましに和子の演奏が一番。キャノン砲の音も素晴らしいです。カンタータ“モスクワ男声合唱の厚みも申し分なくソプラノの女性の声も甲高くなく聴和のとれた美しいもの。ひさびさにもんくなくおすすめしたいいちまいです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2009年11月14日

    有名な大序曲「1812年」やスラブ行進曲のみならず、カンタータ「モスクワ」、戴冠式祝典行進曲など、本盤におさめられたいずれの楽曲も統一テーマはロシア国家。これでもかというくらい、ロシア国家が様々な変奏を加えながら奏される。現今において、ゲルギエフとマリインスキー劇場管弦楽団ほど、ロシア民族色の濃い演奏が可能なコンビはなく、本盤のような楽曲の演奏においては、右に出るものはいないと言える。どの曲も水を得た魚のような堂々たる名演を聴かせてくれている。1812年は、特に、大砲やカリヨンが鳴り響く終結部のド迫力にも圧倒されるが、抒情的な箇所の旋律の歌い方も見事であり、合唱などは挿入していないものの、同曲のベストを争う名演と言っても過言ではあるまい。カンタータ「モスクワ」も合唱の整然とした美しい響きが実に感動的であり、あまり知られていない同曲の魅力を再認識させてくれる。他の3曲も見事な出来栄えであり、ゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団のコンビとしても快心の名演と言えるだろう。そして、何よりも素晴らしいのはSACDマルチチャンネルによる極上の名録音。特に、1812年の大砲とカリヨンが、ひずみもなく鮮明に再現されるのには大変驚いた。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KANA07  |  石川県  |  不明  |  2010年07月24日

    1812年、スラヴ行進曲を聴くためにかったがこの2曲はなかなかの名演。SACDの効果もあり迫力満点。何回も繰り返し聞きたくなる。他の シャイコフスキーの管弦楽も録音してほしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2010年06月24日

    いつもながらあの熱い指揮振りのわりには響いている音楽が弱い。 その意味でゲルギエフの指揮はロストロポーヴィチを連想させる。 しかし選曲やプロデュース力は優れている。 ビジネスのセンスにたけていると言おうか。 しかし肝心の指揮がいまひとつ物足りないように感じる。 このCDはカンタータ『モスクワ』が聴きたくて買った。名曲ではないが損はなかった。 第一曲などソプラノの旋律に歌劇『マゼッパ』に近いものを感じた。 このCDでは『スラヴ行進曲』が名演だと思う。 ゲルギエフはこのCDがそうであるように「マリインスキイ」というレーベルを立ち上げてCDを出し初めたが、今回のようにキング・レコードが国内版を出して解説と対訳をつけてくれるといいのだが、ショスタコーヴィチやシチェドリンの歌劇がすでに発売されているが解説と対訳をつけた国内版が今後出るのだろうか? ぜひ販売をして欲しい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2011年05月14日

    「春の祭典」「火の鳥」「シェヘラザート」あたりでは、なかなかの快演をでしたが、当盤は、上手くまとめたという感じです。卒のない演奏で、丁寧な仕上がりです。まぁ、上手く制御して変に過激にならないのがゲルギエフのスタイルとも言えますが、もう少しはみ出ても良いのではないかと思います。当曲集では屈指のものであることは間違いなしです。★4としました

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    masato  |  新潟県  |  不明  |  2009年12月05日

    迫力・美しさ・録音、申し分ないです。管の咆哮、繊細な弦、勿論砲撃音、何れも素晴らしい。ただ若干、平面的に聴こえてしまいます(2チャンネルでしか聴けないからでしょうか…)。同時期にナクソスのマンフレッド交響曲(普通のCD)を聴いたんですが、こちらは立体感に溢れ、感動したのですが…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示