トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > サン=サーンス (1835-1921) > サン=サーンス:交響曲第3番、死の舞踏、シャブリエ:スペイン、他 アンセルメ&スイス・ロマンド管

サン=サーンス (1835-1921)

CD サン=サーンス:交響曲第3番、死の舞踏、シャブリエ:スペイン、他 アンセルメ&スイス・ロマンド管

サン=サーンス:交響曲第3番、死の舞踏、シャブリエ:スペイン、他 アンセルメ&スイス・ロマンド管

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    古関さん  |  大分県  |  不明  |  2010年07月26日

     シャブリエのスペインに脱帽、何の聴いても素晴らしい!スイス・ロマンド管の演奏能力も若干の議論があったが、そんなことはここではなし。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ボウチャイ  |  東京都  |  不明  |  2010年05月03日

    もっとメリハリの効いた演奏を求める向きも有ると思いますが、何度聴いても聞き飽きしないのは、このアンセルメの演奏ではないかと思います。 カップリングはモノラルで音は古さを感じますが、推進力に富む名演だと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2009年05月25日

    私は別盤で聴いており、色彩豊かな曲には打ってつけのアンセルメの代表盤の一つでしょう。第1楽章の後半のオルガンの底力はデッカの録音技術の優秀さを見せつけられます。終楽章のゆったりとしかしポイントを押さえてコーダに持っていくセンスは何か指揮者の計算しつくされた運びのように思えます。そう言えば彼は数学者ともかつて聞いたことがあり彼の計算された色彩を楽しんでおります。今回他の数曲も合わせての再登場・・・当該他の曲は聴いていないのですが本命交響曲に敬意を表して「最高」とさせていただきます。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示