トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブルックナー (1824-1896) > 交響曲全集 ロベルト・パーテルノストロ&ヴュルッテンベルク・フィル(11CD)

ブルックナー (1824-1896)

CD 交響曲全集 ロベルト・パーテルノストロ&ヴュルッテンベルク・フィル(11CD)

交響曲全集 ロベルト・パーテルノストロ&ヴュルッテンベルク・フィル(11CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:74件中16件から30件まで表示

  • ★★★★★ 

    youone  |  東京都  |  不明  |  2011年06月10日

    これは素晴らしい全集です。ブルックナーの魅力が存分に味わえて、しかもこの価格!ただただびっくりです。LP盤に比べて安く製作できるというCDでも、この価格破壊は尋常では有りません。安かろう!悪かろう?ではなく、全くもって正統的な名演ばかりです。バジリカでのライブ録音という難しい問題も、上手くクリアしていて、作品を楽しむのには何の不都合もない立派な録音です。パーテルノストロ氏の並々ならぬ力量は、演奏の質が作品によって偏向がなく、全ての作品で水準以上に保たれていることで証明されています。特に第6番、第5番は立派で素敵な演奏です。オーケストラも作品と指揮者とに対する敬意に溢れていて、とても誠実な演奏です。万人にお薦めしたいですね。絶対に失望しませんから…。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    えぞりす  |  不明  |  不明  |  2011年04月29日

    いわゆる“御大”“大家”たちの演奏とは根本的に違う内容です。「俺はこう解釈する」「ここが私のブルの聴かせどころだ」という“アーティスト特有のエゴの熱気”がほとんど感じられません。その枯淡の境地が、聞き手にはかえって心地良かったりして・・・。指揮者パーテルノストロのこだわりが感じられる部分と言えば、1「大聖堂の残響効果」、2「版選択:ブルックナー存命中の(=経緯はどうあれブルックナー本人が認可したと考えられる)版を第0,3,4,8で採用。また第5は均整美に長じるハース版」、3「スコアへの忠誠」の三点のみ。その演奏姿勢は、ほとんど“宗教家”のそれです。ブルックナー自身が「楽曲の完成度を高めるためなら弟子の意見も聞き入れ、スコアの再三の書き換えも辞さなかった」ことを考え併せると、この“エゴの希薄さ”“謙虚さ”“神の理想美への没我的献身”という演奏姿勢は、ブルの交響曲を“神の音楽”の域に高めるための鍵かもしれません。「パーテルノストロ〜??…って誰よ??」という感じで聴き始めたのですが、四,五枚聴き終わったところで「いったいこの指揮者はどんなお方なのだろう?」と襟を正したい気持ちになりました。残響を計算して、録音(とくにマイクの位置)やオケ編成(とくに弦・金)に微妙な工夫がなされいている様に思われます。また、演奏後に静かに鳴りやまない拍手の波がオーディエンスの感動の深さを素直に表しているように思われました。(御大・大家のCDに付き物のフライングぎりぎりの“ブラボー!”はありませんが…。)

    11人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    もよ  |  神奈川県  |  不明  |  2010年12月25日

    これは、期待以上です。 素直な表現の演奏で、聴きやすくて気に入っていて、カラヤン、ブロムシュテッド、ジュリーニも持ってますが、よく聞きます。 細部が磨きこまれていたり、オケが歌いまくっていたり、表現のスケールが大きい、ということはありませんが、非常にストレートな表現で好みに合っているようです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    moritan  |  愛知県  |  不明  |  2010年09月30日

    みなさんのレビューを読んでみると、賛否が相半ばというところでしょうか。名指揮者の解釈による威厳と迫力のある演奏と比較して、ぼろくそにけなしていらっしゃる方もいますね。そんな方は、このような廉価版を買う必要がないのではないでしょうか。私は、ブルックナーの入門者として、この廉価版に飛びつき満足して聴きました。大聖堂に響き渡る音に感動しました。もちろん、各楽器内の奏者の力量のばらつきによるアタックのずれが気になる部分もありますが、そこはライブ録音のなせる害と思えば良いのです。ハスキルですら、そのライブではミスを犯すのですから。しばらくは、この豊かな響きに身を委ねていきたいと思います。macに全盤入力し、PCオーディオで通して聴いていきます。批判する方もいますが、BGMとして流していくと、心が豊かになる気がします。

    12人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    初稿がいちばん  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月18日

    ヌルテ(0番)が欲しくて、安いから購入した。縦の線がズレてるのは教会での長い残響の影響か?ブラスの音がはずれる場面も多々あるが、音質含めて大変気に入った。ゲネラルパウゼの間合いやクライマックスに向けての盛り上げは、安心して身を委ねられる。録音は自然かつ低域の量感も十分で、下手なメジャーレーベルよりよっぽど良い。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    佐七  |  山梨県  |  不明  |  2010年07月28日

    この金額で、これだけの演奏が聴ければ文句を言う方が悪いのでしょうが、そうは言っても若干物足りなさが残るのも事実。 朝比奈、ヴァントなどと比べてはいけないと思うのですが・・・・

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    古関さん  |  大分県  |  不明  |  2010年07月25日

     ひたむきで謙虚なブルックナー。名指揮者の解釈や演奏姿勢も高慢チキと紙一重なのだから、この演奏をお墓の中の作曲者もさぞかし納得されるのでは。それにしても欧州、中でもドイツ・オーストリア・英国のオケのレベルの高さは凄い。人口10万人程度のド田舎のオケの弦が厚くうねり、金管が咆哮し、木管の音が聞こえる。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    futa  |  愛媛県  |  不明  |  2010年07月20日

    由緒ある大聖堂のライヴ録音とありますが,きっと歴史のある素晴らしい建築物なのでしょうね。そこでブルックナーの演奏がなされ,生で聴けるとは何と素晴らしいことでしょう。まさにヨーロッパ芸術のすべてが凝縮されているという感じです。悔しいけど日本人には決して体験できないものの一つなのでしょう。録音の善し悪しなど私にはわかりませんが,録音用のスタジオとは違っていて当然で,鳴っているように録音できればそれが素晴らしい録音ということ。キリスト文化の極致というべきで,ただただ聴き入るのみです。凄いですね。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ごパン  |  埼玉県  |  不明  |  2010年06月22日

    この演奏はエコーがクセになってしまいますね。特に第5番なんかで、その残響音が顕著だと思います。交響曲全集なので初めて聴く曲も多かったですけど、他の演奏会に行くと、あの残響がないと何か不足した演奏になってしまうのではないかと心配ですけどね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    zaionji  |  京都府  |  不明  |  2010年04月28日

    ドイツ的でもロマン派的でもない透き通った演奏。ブルックナーの意図は、この深くて長い残響込みで表されるものだったのだと納得される。5番が特に名演だったと思う。指揮者の個性について、あえて言うならばブルックナーの使徒みたいな・・・

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    トラトラトラ  |  佐賀県  |  不明  |  2010年04月10日

    帝王KとBPOとは、ま逆の世界の演奏。丁寧、誠実、自然、謙虚。二つ並べて聴くとこういう言葉の意味がよくわかる。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華庵  |  大阪府  |  不明  |  2010年02月17日

     心を無にして聴いてみる、名指揮者の演奏のイメージは捨て去る。唯11枚のCDに浸る。そこには、純粋なブルックナーの音しかない。見事な名演奏。

    13人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    バックロードホーン  |  新潟県  |  不明  |  2010年01月11日

    美しい。空中で発した音が再び空中に消えていく効果を加味して作られた楽曲であることがよく分かります。神を信じて疑わなかったブルックナーの魂の高揚が感じられる演奏に、ようやく巡り合えた感じです。今までの有名演奏盤には無い感動を覚えてのは、私だけなのでしょうか。

    11人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    ROYCE  |  神奈川県  |  不明  |  2010年01月02日

    安いの買ってみたが技術的にも音楽的にも並の出来だった。解釈が凡庸でオケのアンサンブル能力も緩い。教会の残響がもやもやと被ってくるので、細部がはっきりしない録音もイマイチ。BGMとして聞くならいいが、真面目に聞き込むと粗がめだっていけない。廉価盤としてはスクロバチェフスキの全集があれば十分かと。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    まさやん  |  大阪府  |  不明  |  2009年12月28日

    この演奏は確かに「コク」に欠け、ブルックナー論的には「深い精神性に欠け」が相応しいかと思いますが、しかし11枚〜円という価格は魅力です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:74件中16件から30件まで表示