Bad Company

CD Bad Company

Bad Company

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:17件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    sabbath sabbath  |  広島県  |  不明  |  2021年07月06日

    ファーストアルバムにして最高傑作!シンプルなロックですがそれがいい。ボーナスディスクは別バージョン等興味深いものばかりで、これも聴き五体十分。できればこの当時のライヴ音源も商品化してほしい。とにかく楽曲とポールの歌が最高。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    たまちゃん  |  奈良県  |  不明  |  2021年03月01日

    このアルバムは何といっても、1曲目。「can’t get enough」。ブリティッシュ・ハード・ロックの中に黒人音楽を見事に取り入れた最高傑作。ポール・ロジャースの絞り出すような声の魅力は一聴の価値あり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tasuke  |  新潟県  |  不明  |  2013年05月14日

    ワン、ツー、ワンツースリ、ドガッ!! …よくロック界で偉大なイントロとして、「ユー・リアリー・ガット・ミー」「20センチュリー・ボーイ」なんかが挙げられますが、わたしは何と言っても「キャント・ゲット・イナフ」でございます。バッド・カンパニーは、ポール・ロジャーズが親日家ということもあり、デビュー当時わが国で最も認知されていた英国グループでした。何しろ「夜明けの刑事」というテレビドラマのテーマを書き、演奏していたぐらいです。炎天下に汗を拭き拭き聞き込みに回る坂上二郎のバックに、♪ヨア〜ケ〜ノ〜、と突如流れてくる彼らの演奏に戦慄を覚えたものです。 フリーが短命だったことも手伝って、バッド・カンパニーには、いつか解散するんじゃないか、という匂いがいつもつきまとっていました。アルバム発表も順調だったのは最初だけです。彼らは、デビュー・アルバムこそがピークで以降下り坂を駆けるようにボルテージが落ちていきます。ポール・ロジャーズの脱退にボズ・バレルの悲報…。しかし、バッド・カンパニーは、常に別格でした。このデビュー・アルバムがあるだけで。 ミック・ラルフスは老いてしまいましたけれど、いまだに彼らは健在です。恐ろしいことに、ポール・ロジャーズにいたっては、最近のライブと比較すると、このアルバムでの歌を未熟に感じるぐらいです。そして「キャント・ゲット・イナフ」。ライブではサイモン・カークが興奮して叩き過ぎてしまう曲でもあります。英国ロックの全てがつまっているアルバムであり、英国ロックでビートルズの次にわかりやすいアルバムだと思います。聴いてください。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    pekopapa  |  埼玉県  |  不明  |  2013年02月11日

    これは名盤ですよ。リアルタイムで聴いていた。けっこうハマって聴いたな?ポールロジャースの声ってなかなか良いね。サザンの桑田さんも憧れの人みたいだっていうことだよ。とにかく、60.70年代のロックは良いよ。リアルタイムで聴いていたせいもあるけど、心に響くね!是非、若い人にも聴いて貰いたいね!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    クンP  |  埼玉県  |  不明  |  2007年11月03日

    確か中3の時だったかな、クイーンの「シア・ハート・アタック」と同時にLPを買った記憶がある。初めは派手なクイーンに耳を傾けることが多かったけど、次第にバドカンの方に。順序は逆だけど、この作品を聞いてからフリーに夢中になった。今聞いてもなかなか渋くていいね。M3もブルージーな感じが最高!ファーストが最高傑作だけどね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TERRY  |  Omiya  |  不明  |  2007年10月02日

    2 ロック・ステディ このイントロ弾けるギタリストっていません。シンプルなんだけど、こんなグルーブが出せる人は100年出てこないでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    メタルマニア  |  東京都  |  不明  |  2007年03月28日

    バッドカンパニーのデビューアルバムです。ポールロジャースはやっぱり最高のヴォーカリストなんだということを再確認できるアルバムです。無駄な音がないシンプルなハードロックアルバムです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    真面目バージョンランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年07月14日

    フリー・モットザ・クリムゾンのメンバーが集まり集い結成されたグループ、ブルースが基本やはりロジャーズのボーカルはさすが、いわゆるシンプルにしてハード!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    須利玖 逸平  |  東京都  |  不明  |  2006年05月29日

    アタマの3曲だけじゃないヨ, 素晴らしいのは。ソリッドなR&Rチューン『MOVIN’ ON』やポールの粘っこい唄がシブい、LP B面トップ『BAD COMPANY』もイカしてる。確かに当時は過大評価気味だったかも。アルバム一作の新人なのに武道館で来日公演、しかも一回こっきりだったし。個人的にはスワンソング盤よりもアイランド盤のアルバムで揃えました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TASTE  |  大阪府  |  不明  |  2006年04月08日

    ポールロジャースのミュージックライフで最高傑作では無いでしょうか!クイーンファンも是非聴いてみよう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    スキナーレ  |  東京  |  不明  |  2006年03月08日

    まさかバドカンのCDがゴールド仕様で再発されるとは夢にも思いませんでした。これに 関しては説明はいりませんね!全曲ムダなしの最高傑作です。どうせなら全ての作品をゴールドでリリースしてもらいたいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    めたる  |  京都府  |  不明  |  2005年09月27日

    ブリティッシュHRの基本が詰まったBAD COMPANYの74年のデビュー作。@はキャッチーなノリでツカみにはもってこい!Aの“ロックスタディー”と歌う所のポールの艶っぽさといったら… それぞれの曲に染み渡る哀愁と安閑が心和ませてくれます♪C、Eなんかは暮れ泥む時間帯に聴きたくなるなぁ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ディガー  |  福島県  |  不明  |  2005年09月11日

    こういうのが好いんだよね。最近再結成、クィーンのボーカルに納まってる、ポールだが、これが彼ですよー。グループ名もかっこいいぜ!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    violet  |  westside  |  不明  |  2005年05月30日

    聞き飽きない一枚。 まぁ、ライブにはただストレス解消の為に騒ぎに行くような連中には、ちょっとつまらんかもなぁ。 「渋さ」が分かってきたら、一度聴いてみてちょ。 おすすめ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    showbun  |  宮前区  |  不明  |  2004年06月07日

    ポール・ロジャースの情感豊かなヴォーカルは、やはりこのようなシンプルかつへヴィーなサウンドが最もしっくりくる。極めてアメリカンロックに近い曲作りの1曲目が大ヒットしたものの、このアルバムの真価は、それ以外の曲で展開される、どこか湿った哀愁にあるのではないか。ブリティッシュロックという音楽の本質が的確に表現されている良質なアルバムだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:17件中1件から15件まで表示