BUCK-TICK

CD 悪の華

悪の華

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:28件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    ジムザム13  |  不明  |  2009年06月15日

    自分は天使のリボルバーから入った新参者だがこのアルバムで完璧中毒になりました。ゴスロックで有明なBAUHAUSを思わせるダークな美しさM2、7、8、10・・・たまんねぇ、てか全部統一感があってかっこよすぎる!そしてやはりタイトル曲“悪の華”・・・文句なし、櫻井の歌い出しのシャウトは鳥肌立つね(笑)疾走感あってめっちゃ好き!!ここから俺のBUCK-TICK暦は始まりました(*_*)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    眠り猫  |  阿佐ヶ谷  |  不明  |  2008年03月03日

    これを聞くと改めて今井寿の 天才さを感じられる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    コーヒー  |  不明  |  2007年10月07日

    '90年発表。休止期間を経て予想以上に大胆に変化したB-Tサウンドを本作で聴かせてくれた。「TABOO」でも片鱗を見せていたが勢いだけでなく繊細さと過激さが織りなすコントラストが絶妙で、すでに単なるビート・バンドという枠を軽く逸脱してしまっている。そして、当初、ライブっぽくしようとしていたドラムは、結果的にカッチリとタイトになっており、かえって詞のコンセプトであった「絶望感」や「退廃」といったものをニヒリスティックにうまく表現している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    笑窪  |  メロメロヘコミーセブン  |  不明  |  2007年05月19日

    必須アイテムはボードレールの詩集&映画「気狂いピエロ」か?歌詞にはそういう雰囲気が感じ取れるけど、曲はバラエティに富んでいる。ラストの【KISS ME GOOD-BYE】にはいつも泣いてしまう。『櫻井敦司/今井寿/星野英彦/樋口豊/ヤガミトール』は私を魅了する華。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Brite  |  不明  |  2007年05月16日

    前作「Taboo」のダークで退廃的な耽美的な世界を引き続き、効果音的に使われるギターの音とリフで独自の美的感覚を作り出しています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Maria  |  jpn  |  不明  |  2006年11月18日

    今聞いても時代を感じさせない、当時としては革新的なサウンド。リアルタイムで聞いた頃、とにかく驚き、凄いバンドだと思った。曲・歌詞共に、誰にも真似出来ない、音楽シーンの中で稀有な存在である事を位置付けた素晴らしい1枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Cハード  |  新潟県  |  不明  |  2006年03月03日

    ジャケ買い→「national〜」→拒絶→封印→「national〜」→バクチク中毒→おっかけ→破産、の一枚。「national〜」の歌詞にはひきまくったけど(片足バレリーナetc)、コノ歌詞が無きゃ、こんなにハマってなかったかも…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    B-S-M  |  東京都  |  不明  |  2005年09月05日

    '90年発表。タイトル曲に代表されるハードなギター・サウンドが全面に出てきたアルバム。バンドの音も太く、ドッシリとした手応えに変化。ジャケットに象徴される暗くデカダンな雰囲気が全体のトーンを決定づけている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    晋作  |  広島県  |  不明  |  2005年07月13日

    今井LSD逮捕から約1年後、ギター“マイマイ”を持って復活!ダニエル顔負けのギターノイズを振りまく彼の変態性が天然だと確信しました〜マニア向けです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ハメリカン  |  新潟県  |  不明  |  2005年06月30日

    一曲目が頭から離れません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    かずや  |  福岡県  |  不明  |  2005年03月29日

    ここから完全にバウハウスフォロワーになっています。この頃桜井はピーターマーフィーを目指し、今井はダニエルアッシュを目指していた。当時ゴスやグラムロックに影響受けた日本のバンド中ではセンスが群を抜いていた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    バクチクサイコウジ  |  長崎県  |  不明  |  2005年01月05日

    一言で言えば地下室で録った様な作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    コ−チン¥  |  不明  |  2003年11月27日

    4曲目を聴く度、星野氏にもっと作詞をしていただきたいと願うのは私だけ?。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    ベック  |  不明  |  2003年11月02日

    このアルバムから、BUCK-TICKに興味を失った。当時、中学生だったが、あまりにかっこつけすぎで、不自然。ダークなイメージは自然にでてくるもの。前作、タブーは好きで自然だった。でもこれは…。薬で今井が捕まったから、不自然に感じたのかな?でも薬に頼らなきゃ、人と違う発想はできないだろう。今井に限らずともね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    たいち  |  不明  |  2003年06月17日

    「NATIONAL MEDIA BOYS」と「LOVE ME」がヤバい。今井寿は天才だよ、やっぱり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:28件中1件から15件まで表示