有栖川有栖

本 絶叫城殺人事件 新潮文庫

絶叫城殺人事件 新潮文庫

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    peko-rock  |  大阪府  |  不明  |  2012年02月11日

    「〇〇殺人事件」という建物の名前が入るタイトルで統一された短編集。著者自身が「夜を描くのが好き」と仰っているだけに、数々登場する夜のシーン、闇の描写は技巧に優れていますね。各短編に繋がりは全くありませんが、それぞれがよくまとまっておもしろい短編になっています。個人的に特徴的だったり謎めいた建造物をキーにして書かれたミステリが好きなこともあるかもしれませんが、置いておいてまた忘れたころに読もうかなと思えました。この有栖川&火村コンビのシリーズはちょこちょこ読んでいますが、ものすごく身近な地名がたくさん出てくるのと、セリフが親しんだ関西弁なので、余計好きなのかなぁ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示