THE ALFEE

CD ザ・ルネッサンス

ザ・ルネッサンス

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    おず  |  東京戸  |  不明  |  2006年12月31日

    前作のハードロック路線を更にヘヴィにクオリティを高めた感じがします。 終始ハードロックサウンドに仕立てるのは後に「ARCADIA」も登場しますが、アコースティックなチューンや壮大なバラードがないというのは珍しいかもしれません。 もちろん最大の聴き所は名曲M-6。ハードロックとかフォークとかマーシャルとかマーチンとか・・・そんなのは関係ないしどうでもいい。高見沢氏のクリエイターとしての才能が爆発しています。もちろん、3人の各パートの役割もバッチリ決まってます。 今思うと、M-2のような曲もスゴいヘヴィに仕上がってるんです

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    フライングV  |  日本  |  不明  |  2002年11月02日

    発売前にアルフィーのオールナイトニッポンで”鋼鉄の巨人”を聞いて、録音していたテープを朝まで聞いた程ブチのめされたギンギンの高速ヘヴィーな曲!今聞いても名曲中の名曲!高見沢のギターセンス、ライトハンド奏法に惚れ直した。でも”孤独の美学”のプログレっぽいヘヴィーさに驚かされ、”二人のSEASON”のギター,”GATE OF HEAVEN”の組曲の変化、名曲”星空のディスタンス”で日本を代表するロックバンドだと思った。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示