トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベートーヴェン(1770-1827) > 交響曲全集 クリップス&ロンドン交響楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

CD 交響曲全集 クリップス&ロンドン交響楽団(5CD)

交響曲全集 クリップス&ロンドン交響楽団(5CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:37件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    wanderer  |  埼玉県  |  不明  |  2018年04月19日

    なんでレコード店の棚にウィーンチョコレートの山が乗っているのか、と思って不審に思いながら最初の出会いはスルーでした。その後、別のお店別マスタリング(板起こしか)を発見、スター指揮者のベートーベン全集が安価に手に入る世の中でなぜ、この全集を世に問う意味があるのか、、と疑問に思いしばし立ち尽くした。メーカーは何か理由があってこの演奏を世に出している、とすればそれだけの価値がある筈だ。天啓を得て購入を決意し、目出度く自宅で聴く事となり、人生観がひっくり返る体験でした。奇数番はフルトベングラーを凌ぎ、偶数番はワルターを超越する、そんな演奏です。しかし、その板起こし盤は音が変だ、まるで風呂場で聴いているような音。もしかして他のメーカーから別ますタリングが出ていないか調べて驚いた、あのチョコレートボックスがクリップスのベートーベン交響曲全集だったのか。慌ててHMVへ連絡したらもうすでに売り尽してあと2セットしか在庫がないと言う。すぐに取り置きしてもらい次の日に店に出向いて目出度くゲット。家に帰って聞いてみると驚くほど美しい音、空間が分かる、オケの中で管楽器が呼び交わす美美々。クリップスは録音運に恵まれない人で1957年に一斉スタートみたいに巨匠クラスがステレオ録音始めたのに彼には声が掛からなかったのか、やっと60年になって廉価版レーベルのエベレストに録音する始末、しかしこれは大正解、35ミリテープに3チャンネルのハイファイ録音、しかし製番技術がお粗末だったようで現在残っているのはダメージが激しくて聞くに堪えないようだ。と言う訳でこの録音はさまよえるオランダ人のごとく7年ごとに別のメーカーから再発売が繰り返され現在に至っています。今回のチョコレートボックス入りはマスターテープからCD化されていますが、マスタリングを行ったエンジニアは失敗だと述べています、美しい音に仕上がっている反面、先に述べた板起こし盤にある荒々しさが後退しています。板起こし盤では4番など頭の中で特急列車が走り回る感じで眩暈がしそうです(クライバーなど問題外)7番などは切実感満載で戦時中のベルリンみたいです。何でもこのマスタリングはアメリカの大手スーパーウオールマート向けの大量販売用だったみたいで一般家庭に受け入れやすい音に仕上げられているようです。と言う事でクリップスを発見したら迷わずに購入しておかないと後悔する事になるでしょう。間違いのないベートーベンを聞いていれば鳥の声が言葉に聞こえ、夜空の星が全て瞬き、満開の桜が一瞬で桜吹雪に変わる瞬間を目に出来るようなものです。このコメント欄には幸運な皆様が沢山いらっしゃいます。今後発掘を期待されるのはクリップスのモーツアルト全集です。70年の録音なのでサラウンド録音されたらしい、パリとプラハの1枚だけが見事なSACDサラウンドになっています。全集の発売を熱望!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジャスピアノ弾き  |  不明  |  不明  |  2012年11月29日

    小学生時代、コロンビアのダイアモンド1000シリーズでクリップスのベートヴェン交響曲全集を買いました。穏当で尖がっていない演奏で今でも一番好きな全集です。 音質はあまりぱっととしないと思っていたのですが、一時エヴェレストから発売されていた正規版CD(EVC9010/14)を聴いて驚きました。 35mm Ultra Analogという映画用フィルムを使った特殊な方法で録音されているそうで、現代でも通用する超HiFi録音なのです。 その後、缶に入った超廉価版も買いました。これはやや音質的には落ちるものの、Bescolなどの粗悪CDとは一線を画する良い商品でした。 昨年、ebayで当時のエヴェレストのLP(初版)を買いましたが、これはダイアモンド1000シリーズとは雲泥の差、エヴェレストのCDを凌ぐかもしれない高音質でした。 この重量盤LP10枚組にも大きく期待しているのですが、もう少し安ければうれしいです。 多くの人に聞いてもらいたいので、EVC9010/14の再発を望みます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tromba  |  茨城県  |  不明  |  2011年06月19日

    100円ショップでばら売りのクリップスのベートーヴェンの交響曲CDに出会ったが、どうしても第9のみ手に入らない。そのうちに、100円ショップで廃盤(?)になってしまい、がっかりしていたところに、全集が出て購入。流石に100円ショップの音質より格段に良く、購入して良かった。近代的な演奏とはまた違った味で、派手さはないが、音楽の説得力はある。知り合いにも薦めたが「これは良い」と大感謝された。廃盤になっているが、有名どころの劣悪音源よりもむしろこういう演奏を掘り起こせば、クラシック音楽ファンも喜ぶのにとは思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    音兵衛  |  京都府  |  不明  |  2010年10月08日

     確固とした流れのある演奏だ。木管の美しさが格別で、流れをたゆとうものにしている。かつて、ダイアモンド1000シリーズで出ていたLPは気にも留めなかったが、今聴くと新たな感銘を受ける。音楽鑑賞の年月を重ねた人には、特に推奨したい名盤である。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    柚子胡椒  |  山梨県  |  不明  |  2010年10月06日

    ふんわり柔らかくて聴きやすいですね。音質もまろやかで(悪く言えば録音悪い?)癒し系ベートーヴェン。きれいな缶に入って、中は綺麗なデジパック仕様。 こんな値段に見えないからプレゼントにも最適。 先日行った大手古本チェーン店で3,000円で売ってました(爆

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ふじふじ  |  兵庫県  |  不明  |  2010年08月08日

    これは正に「ヘタウマ」の世界。現代の演奏では、1回目聴くと大変聴き映えするが、2回目、3回目となると段々馬脚を現すタイプのディスクが多い中、これは繰り返して聴いて初めてその真価が分かるディスク。実は第1印象は余り良くなかったが、もう何回聴いたか。これはお買い得です。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    砂林  |  埼玉県  |  不明  |  2010年02月04日

    かつて楽聖の生誕200年の年、日コロからダイヤモンド1000シリーズの番外のような形で出されたエヴェレスト原盤の6枚組のLP。同時にファインアーツ四重奏団のQ全集も1枚千円で出たが、これは久しく発売されていない。当時は全巻購入するとネクタイピンかカウスボタンが貰えた。 思い入れも含めて☆5つと言いたいところだが、ステレオ録音としてももの足りないので今の時代に生きている人に音質の点では到底お奨めできない。音楽はすばらしく、均質的(偶数番がいいとか、奇数番に特徴があるとかがない)で、どれも相当の出来である。ただしセル/ACGの5番に顕著な「ア!」という「冴え・迫真感」はないから、じっくりと聴き込むと味のある演奏だ。ロンドン響もかつては相当凄かったんだという片鱗くらいはこの録音からも判る。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mid-massa  |  三重県  |  不明  |  2009年08月12日

    名前は違いますが2回目の登場ですわ。また安うなったんですね、もう悔しいわぁ。こないだ友人の娘が結婚したんで、またまた注文して(別の友人の名前で買うてもらいました)プレゼントしたら「おじさん、顔も口も悪いけど(ほっといてくれ!)これは趣味ええなあ!見直したわ!」って褒めて?もらいましたわ。まさか1050円やったて言えへんし少々困ってしもたわ。でもまた安うなったでこの際誰かのプレゼント用にもう2〜3セット購入しとこかな、と思うてます。演奏は皆さん記述の通り、文句なしですわ。オーストリアとイギリスのええとこばかりが出た飽きのこない、こうゆうのを名盤ゆうんでしょうな。HMVさん、また注文しますわ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    yygyg  |  東京都  |  不明  |  2009年07月20日

    クリップスという人、ウィーン、ロンドン、サンフランシスコと再建に尽力しながらおいしいところを他人に持って行かれたり、カルショーの回想録でぼろくそに書かれたり散々ですが、このベートーベン、ドンジョバンニ、ACOとのモーツァルトの交響曲と並んで後世に残る名盤だと思います。さすがSFSO時代に「1シーズンにベートーベンの交響曲全曲をプログラムに組み込む」と保守的なプログラミングを皮肉られただけのことはある手慣れた演奏。SPでしか知らない師のワインガルトナーゆずりの全く圭角の立たない表現で奇数番でもするすると進みますが、それがかえって個性となっています。 エベレストでCD化されたときには音質の良さが再認識されたはずだが第9の4楽章はどうなっているのでしょう。この部分で減点1。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2009年07月10日

    凡庸という、まあクリップスに対する独断と偏見がありました。ワルターの揺らぎもなく、カラヤンの派手さもなく、ひたすら音楽の良き公僕のように坦々とアンサンブルを紡いでいく。まあこの年になって、やっとその良さを再確認できたのも、残念ながら1000円以下の「持ってけ泥棒」てき価格のおかげです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    燕の巣  |  静岡  |  不明  |  2009年04月16日

    ケースを開けると、お洒落なデジパック仕様のジャケットに5枚のCDを収納。「中庸」とは言い得て妙で、これを聴くと、派手にオケを鳴らすカラヤン嫌いの気持ちがよく判ります。半世紀前の録音にしては音質は確りしており、滑らかで、まろやか。癒し系の交響曲全集の名盤として語り継がれるでしょう。評価をすばらしいから、最高!に格上げ!

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    判捨印  |  東京  |  不明  |  2009年04月11日

    3番を聞いて感動し、以前から音質の良い全集を探していたので、発売と同時に買いました。4番を他の高名な指揮者と聴き比べてみましたが、全体を通しての解釈のすばらしさはたとえばワルターさえも及ばないと思います。音質も良好です。ただし、第9の4楽章はまるで別のセッション、リマスタリングのように感じます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    燕の巣  |  静岡  |  不明  |  2009年04月07日

    立派なケースだけでも買う価値あり!素晴らしいアイデア商品!(笑)

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    にゃおにゃお金  |  市川市  |  不明  |  2009年03月18日

    ロンドン響の奏者であったネヴィル・マリナーが、インタヴューで尊敬する指揮者を訊かれ、モントゥーとクリップスを挙げ、クリップスに関して「荒れていたアンサンブルを建て直し、古典がキッチリ演奏出来るオケにした」という事を述べていた(楽員には「ジョー」と呼ばれ、親しまれていたらしい)。この演奏を聴くと、マリナーの言葉の意味がよくわかる。「刺激」の無さに、物足りないと感じる方もいるだろうが、「中庸」を極めたこういう演奏は、一朝一夕に出来る芸では無い。これが1000円・・・ 何だか申し訳ないような気持ちだ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    たけ  |  兵庫県  |  不明  |  2009年03月11日

    こんな柔のベートーヴェンを聴いたのは久しぶりだ。 奇数番号の曲がまるで偶数番号の曲かのようにまろやかに響く。 名演奏とは、うるさく鳴らないこういう演奏のことを言うのだ。 賛否両論のブリキ缶のケースもちょっとうれしいし、飾りたくなるというご意見も頷ける。 この内容で1050円は安過ぎ!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:37件中1件から15件まで表示