Allman Brothers Band

CD At Fillmore East (Dts Cd)

At Fillmore East (Dts Cd)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:42件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    30ラロッカ  |  兵庫県  |  不明  |  2013年05月13日

    ロックの名盤と言われている本作を今になって初めて聴いた。 ビートルズからロックに入った私としては、アメリカン・ロックには興味が薄かったのですが近年の輸入CDの低価格化もあり、名盤と言われるものを少しずつ聴いていこうかという気になってきました。 歌詞はわからないのですが、サウンドだけ聴いていると確かにギター・ファンなら引き込まれること間違いなしですね。 発表から40年後ですが、リマスターの効果かもしれませんが古臭さはあまり感じません。 時代を超えた名盤と言っても過言ではないような。 名物にうまいもん無しと同様に名盤が必ずしも好盤ではありませんが、本作は好盤です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蒼詩  |  三重県  |  不明  |  2011年10月01日

    デュアンのスライドとディッキーとのかけ合い、本当に素晴らしいライヴ.アルバムである。美味い酒を飲む時に必ず聞くし、このアルバム自体が深みのあるウィスキーみたいなもの!!必聴の名盤です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    カリン  |  神奈川県  |  不明  |  2010年07月19日

    SACD版、予想以上でした。バンドのメンバーがまるで汗を飛び交わせ全身全霊をこめて演奏している感じが肌で感じるようなサウンドです。あくまでも想像ですが。それにしてもSACD対応のプレーヤー持っててよかったと心底思いました。普及がもっとすすんで値段が安くなることを切望します。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    pekopapa  |  埼玉県  |  不明  |  2012年07月07日

    本当にこいつらは凄い!duane allmanはもちろんだけど、gregg allmanのオルガンもなかなかいけるぜ!ベッツのギタ−もいい。やはり、allmanはライブが最高だね!これと、スタジオ録音のeat a peachがあれば、充分かな?こいつらのテクニックは凄いし、フィ−リングも最高!ぜひ、若い人に聴いて貰いたい!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    a lad insane  |  静岡県  |  不明  |  2011年02月01日

    久しぶりに聴いたが、やはりSACDの威力は凄まじい。CDに入っている音楽とは伝わってくるガッツの量が違う。演奏の内容はもう言い尽くされている通りである。なんとかして、この調子でクイーンやツェッペリンといった古典的なロックをSACDにしてもらえないだろうか。需要は絶対にあると思うのだが。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ひろ  |  東京都  |  不明  |  2011年09月19日

    かつてLPを擦り切れるほど聴きました。SHM-CD化されて音も非常に良く、廉価で満足満足。彼らはライヴ盤ばかり出ていて、もうわけがわからない状態ですが、このアルバムが全ての原点です。ロックアルバムの必聴盤ですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mm2  |  東京  |  不明  |  2009年02月12日

    ロック好きの皆さん、これを聴いていない人は潜りですよ。 デュアンのスライド含めて、とにかく最高です。 何だか毎年のように音が良くなりますが、はじめて聴いたLPのモコモコした音色が懐かしくなります。 デジタルで音声を処理することが正解なのかどうかわかりませんが、きれいな音を改めて聴くことは、ちょっと新鮮でもあります。 既に40年近く古い音源ですので。 あーあ、俺も歳取ったな〜。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Jo兄☆ミ  |  Japan  |  不明  |  2002年06月22日

    とにかく、デュエイン・オールマンのスライドギター! Statesboro Bluesのスライドは、まるでギターの指板と弦の間の僅かな空間が無限の大空のように感じられ、そしてその大空を、フレットやスケールの制約を全く受けずに、自由に飛び回る! 本当に、彼の死が悔やまれてならない!! もちろん、ディッキーのギターも素晴らしく、こんな凄いギタリスト二人が絶妙に絡むこのStatesboro Bluesを聴くだけでも、買う価値のあるアルバム。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ken  |  machida  |  不明  |  2001年02月13日

    ものすごいライブアルバム!特に1曲目、ステイツボロ・ブルースのイントロギターで即死!昇天!間違いなし。ああ、デュエイン、君の死は早すぎた。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    shurunkenheads  |  AUSTRALIA  |  不明  |  2011年04月19日

    音質のあれこれとか価格への不満等は有りますが、私が、このアルバム(勿論、アナログ盤)を聴いた時には既にDUANEは、他界してました。高校生だった私は、友人とこのアルバムを聴きながら本気で涙したのを覚えています。それまでブリティッシュロック(フリー、ディープパープル、クリーム)ばっかだった私が、彼らを知り益々洋楽(死語?)に嵌ってゆきました。このジャケットの彼らの笑顔の満ちた顔が一層、デゥエインの死を悲しませます。棺桶に入れて欲しい最初の一枚ですね私の。。。。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    FSMA  |  不明  |  不明  |  2010年08月20日

     フィルモアには色々な盤がありますが、最近発売された2010年日本保管マスターからのSACD(シングルレイヤー)盤についてのコメントを書きます。  まず、全体的に感じたのは、「演奏が生々しい」ということでした。また、音の分離もかなりよくなっており、各楽器がメインの楽器に埋もれることなく、耳のフォーカスを絞れば、個々の演奏を細部まで聴くことができるのがよかったです。  それから、SACDのレンジ広さの影響でしょうかギターがかなり前に出て聞こえます。ギターのひずみ具合や音色、ニュアンスが通常のCDより、かなり情報量が多くなっている感じがします。また、その背景で起こっている演奏上でのやりとりも以前より明確に伝わってきますし、奥行きがかなり広くなった感じがします(リバーブ成分の密度もあがっていますし、ドラムの胴鳴りなども今までとは断然よくなっていると思います)。  それ以外では、ベースのアタック感があがっているように思えます(ニュアンスがより鮮明に伝わってくる感じです)    ただ、その分相対的に、少し歌が奥に引っ込んでしまったような気もしますが。   CD版では、年代もあってか、全体的に、少しもやの向こう側のような感じがあったのですが、その意味では、この盤は、はっきりした音になっていると言えるかと思います(それ自体は、雰囲気的に聞く場合は好みがでるかもしれませんが)。  余談になりますが、SACDはやはりシングルレイヤーのものがよいですね。中途半端にハイブリッドCDとしてCD/SACDとかにするよりも良い気がします。  2004年盤SACDと違って、今度は純粋なSACD版なので、そちらをお持ちの方も一聴の価値ありだと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    大畠逃介  |  石川県  |  不明  |  2009年09月12日

    サザンロックの金字塔。DUANEのギターに聴き狂うがよい。 ALLMANSのブルースとグルーヴに圧倒されるのだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    レオブルー  |  東京都  |  不明  |  2009年09月10日

    いわゆる完璧な演奏ではない。聴くほうがそうであるように、ほころびた袋を振るように、何か撒いているスキのあるサウンドだと思う。でも一時期こればっかりかけていた。満たされない憂鬱と空回りするパワーの現実は、こぼれ出るそのモアレでこのバンドが相殺してくれていたのだと思う。時代が冷めていく体温を温める様な男野郎どもは、いま聴いてもロックの知られざる良心があったと思わせる。テクとか関係なくこのグルーヴを聴いて欲しい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    shrunken heads  |  australia  |  不明  |  2008年11月20日

    高校生の時このレコードを友達の家で聞いて涙流したのを、思い出します。もうduaneが亡くなっていたから〜 イギリスからアメリカそれも南部系へ導いてくれたアルバムです。1曲目のスライドギターで鳥肌必須です!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    花沢セットさん  |  イルマリ  |  不明  |  2008年07月30日

    ロック史に残る名盤!あたいはずっとこれを聞いてるよ。 最近のビーコンシアターのライブはもはや何もゆうことがないわ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:42件中1件から15件まで表示