トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ポルポラ(1686-1768) > 歌劇『ナクソス島のアリアドネ』全曲 カッラーロ&サヴォナ響、ファッブリチーニ、ディ・ミッコ、他(1999 ステレオ)(2CD)

ポルポラ(1686-1768)

CD 歌劇『ナクソス島のアリアドネ』全曲 カッラーロ&サヴォナ響、ファッブリチーニ、ディ・ミッコ、他(1999 ステレオ)(2CD)

歌劇『ナクソス島のアリアドネ』全曲 カッラーロ&サヴォナ響、ファッブリチーニ、ディ・ミッコ、他(1999 ステレオ)(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    プリン  |  奈良県  |  不明  |  2017年05月28日

     「ナクソス島のアリアドネ」このCDは、台本もあらすじの説明もなく、インディクスのみの記載があるだけである。主要登場人物にテーゼオ(テーセウス)が登場するので、、クラタ島でミノタウロスを倒すとき、糸巻きを与え、帰り道を迷わないよう知恵を授けたアリアドネの話だ。2人はナクソス島にいくが、テーセウスはアリアドネにあきて、すてて帰ってしまい、アリアドネは死んだとか、そのごディオニソスの神が哀れみ妻にしたとかいろいろな話になっている。  音楽はすばらいものであった。このオペラはナクソス島での話になっているが、前半悲痛な歌に満ち、感銘をうける。後半は、悲痛さはやわらぐがやはり哀調にみちている。ラストから2番目、アリアドネが激しい調子のレチタチーボのあと穏やかな哀調のアリアを歌い、ラストはそれまで登場しなかったバッカスの巫女他による晴れやかな合唱である。おそらくとってつけたようなハッピーエンドの結末になっているようである。実況録音だが、いい録音であり、歌手も立派。優れた作品でありお勧めします。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示