トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブラームス(1833-1897) > 交響曲第1番(第2〜4楽章)、他 ミュンシュ&フランス国立放送管弦楽団(1966)、他

ブラームス(1833-1897)

DVD 交響曲第1番(第2〜4楽章)、他 ミュンシュ&フランス国立放送管弦楽団(1966)、他

交響曲第1番(第2〜4楽章)、他 ミュンシュ&フランス国立放送管弦楽団(1966)、他

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    古楽器奏者  |  東京都  |  不明  |  2012年08月06日

    ミュンシュ指揮の聴衆の中にあるフルート奏者がいて、『ダフニスとクロエ』でのフェルナン・デュフレーヌの音があまりにも素晴らしいので、楽屋へ行き持っていたスコアにサインをもらった、といういわくつきの演奏が映像で見られることを知って、早速注文、視聴してみた。主役はミュンシュだから仕方がないが、時折映る今や伝説となったデュフレーヌの姿を見て、なるほど! このような演奏をするのかと合点した。映像がもっと鮮明であれば、アンブシャー(正しくはフランス語なので「アンブーシュール」)が見られたのだが。これまた伝説となったデュフレーヌの愛器、シリアルナンバー9402番のルイ・ロットも実演ならどれほど素晴らしく響いたことだろうか。デュフレーヌの映像はまだあるので、手に入れて視聴したいと思っている。本来なら商品化されるはずのないブラームスの交響曲は、ミュンシュのうなり声も聞こえ、これまた実演ではかなりの名演であっただろう。今から46年も前の演奏会なのに、曲が終わってからの聴衆の熱い拍手を見ると、昔のにほん人も熱狂する傾向があったことがわかって興味深い。今みたいに聴衆が花束やプレゼントを渡そうとして舞台下に殺到するような浅ましく、見苦しい姿を見ないで済むのも嬉しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示