トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ジョージ・セル/ザルツブルク音楽祭ライヴ1958−68(7CD)

CD ジョージ・セル/ザルツブルク音楽祭ライヴ1958−68(7CD)

ジョージ・セル/ザルツブルク音楽祭ライヴ1958−68(7CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    おっさん  |  東京都  |  不明  |  2013年06月28日

     購入当時はCDR盤の購入にいそしんでいたため、久々に取り出してじっくり聞きました。チェコ・フィルとの「英雄」が凄い。ライブではベルリン・フィルとのものもあるが、差は歴然。カラヤンサウンドに変貌しつつあったベルリン・フィルの、音の贅肉を処理し切れず、セルにしては意外なほど緩い。また、CDR盤のクリーヴランドとのライブでは、肝心のホルンが不調だし、ベルリン・フィルとは反対に音をそげ落とし過ぎの感がある。その中間に位置するのが、このチェコ・フィルとの演奏で、チェコの血を受け継ぎ、長らくプラハを拠点に活動していたセルの指揮に、チェコ・フィルも渾身の演奏で応えている。ライブだけに多少の傷はあるが、ほとんど気にならない。モノラルだが、音の状態は良く、圧倒的な完成度を誇る57年のスタジオ録音に次ぐ名演である。また、カーゾンとの4番も熱気と澄んだ美しさを併せ持つ名演だ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    セルのエロイカ  |  岐阜県  |  不明  |  2010年05月08日

    星いくつにしたらいいのか、自信はありません。 HMVレビューの曲目紹介に書かれているように、CD-7のブルックナーSYM7とCD-6のベートーヴェンP.C.5は、良質のステレオで、各楽器がクリアーに分離して聞こえました。ただただ、感動です。 しかし、紙ケースおよびCDのレーベルにはMONOと明記されています。 ほかの曲もじっくりと聴くつもりです。 最初のコメントです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示