トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シャブリエ(1841-1894) > 管弦楽曲集 ジョルダン&フランス国立管弦楽団

シャブリエ(1841-1894)

CD 管弦楽曲集 ジョルダン&フランス国立管弦楽団

管弦楽曲集 ジョルダン&フランス国立管弦楽団

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    京都のタケさん  |  京都府  |  不明  |  2010年04月18日

    ジョルダンには、珍しく、フランス国立O.とのコンビ。スイス・ロマンドで聴かれる、純フランスとはちょっと違う響きが、ここでも聴かれ、この響きがジョルダン独自のものだとわかる。 全体としてはフランス的だが、内声部がよく聞こえる。録音もデジタルなので、田園組曲などは、非常におもしろい^^ アンセルメぐらいしか、録音しなかった貴重なれパートリーもあり、シャブリエ好きは、要チェックでは?w

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ニャンコ先生  |  Tochigi  |  不明  |  2013年01月17日

    シャブリエはこのジョルダン指揮の1枚ものか、プラッソン指揮の2枚組、イベールは佐渡裕指揮の1枚もの。このくらいは聴いておく価値がある。こういう初めて聴く曲の数々に触れると、一度かぎりの人生、すばらしい管弦楽の響きに1曲でも多く出会っておきたくなる。シャブリエ、とにかく楽しい、洒落ている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    モーリス・ドビュッシー  |  茨城県  |  不明  |  2012年01月26日

    シャブリエの曲が聴きたくてアンセルメやプラッソンの物と同時期に購入した。このジョルダン盤は録音は良いのだが,やはりアンセルメなどと比較すると軽やかさや洒落っ気のようなものが不足していると思う。「いやいやながらの王様」のスラヴ舞曲など,もっと軽快に肩の力を抜いた演奏の方が好みだな〜。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示