鈴木さえ子

CD I Wish It Could Be Christmas Everyday

I Wish It Could Be Christmas Everyday

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    恋のバカンス  |  不明  |  2007年05月04日

    '83年発表。元シネマ、元フィルムスのドラマーだが、始めたのは20歳の時で、元々は両親がクラシック一家の出身。大貫妙子のサポートの縁でRVCからソロ・デビューを果たすも、内容は可愛い声のヴォーカル・アルバムに。鈴木慶一との結婚直後に制作されたものだが、彼女はコンピュータ類は不得手で、サウンドはほとんど鈴木慶一が主導権を握っており、当初はサイコ・パーチーズというユニット名で出す予定もあった。「ストラヴィンスキーがもしロックをやったら」という魅力的な例えの「ロック印象派」をコンセプトに掲げており、ピアノと打楽器を兼ねるマリンバの使い方は、ザッパのシンクラヴィア盤に近い印象。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示