トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ラフマニノフ (1873-1943) > ピアノ協奏曲第2番、他 田中希代子(p)渡邊暁雄&日本フィル

ラフマニノフ (1873-1943)

CD ピアノ協奏曲第2番、他 田中希代子(p)渡邊暁雄&日本フィル

ピアノ協奏曲第2番、他 田中希代子(p)渡邊暁雄&日本フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    ペロペロプロス  |  秋田県  |  不明  |  2008年02月20日

    日本人が最も「フランス的」に迫った瞬間。非哲学化し唯一絶対の価値観を信じて疑わない今のアメリカ国地球村人にはこういったエスプリはだせないのでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    うさこの父  |  東京  |  不明  |  2007年11月04日

    確かにマイクがピアノに近すぎますが、初めてショップで視聴して鳥肌立ちました。これは「のだめ」だ!と思い、即購入しました。 それとラフマの入りがアルペジオ(?)なのが以外。楽譜読めないのでこれまで和音とばかり思っていましたので。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Pianist  |  Tokyo  |  不明  |  2007年02月28日

    ラフマニノフは確かに放送エアチェックの旧盤より一皮むけたクリアな音質になった。しかし演奏そのものは同一、旧盤でもそこそこの音がしていたので演奏から受ける印象がそれほど変った訳ではない。すがすがしい演奏。ピアノの音がオン過ぎ、バランスが悪くオケがよく聴こえない。ラヴェルは初出。希代子先生の新レパートリー登場は歓迎したいが、腕の冴えが素晴らしく、極限の弱奏を試みた第二楽章など興味深いものの、不調気味のオケと共に、この曲独特の妙技を見せる所まで行っていないのが残念。二楽章コーダでオケの崩れあり。一瞬ヒヤリとする

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示