トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > フランク(1822-1890) > Symphony, Symphonic Variations: Giulini / Vpo Crossley(P)

フランク(1822-1890)

CD Symphony, Symphonic Variations: Giulini / Vpo Crossley(P)

Symphony, Symphonic Variations: Giulini / Vpo Crossley(P)

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    sunny  |  兵庫県  |  不明  |  2016年02月11日

    ベルリンフィルとの硬質、重厚、濃厚で厳しいセッションによる十分練られたじっくり演奏、名盤があったのに、この曲には、大変な思い入れと、懐の深さがあったのでしょう、更にレコード会社変わってのライヴ録音は、ウィーンフィルの柔らか、まろやかな音で、更に遅くなっているようだが、私は気にならない。やはり、充実のジュリーニ晩年のカンタービレ、この曲に必要な艶っぽさ、喜びの演奏。クロスビーさんの変奏曲も華麗で聴かせてくれる。ティベルギアン、ロト、リュージュフィルの若々しくて、挑むような緊張感に満ちた演奏が好きでしたが、余裕しゃくしゃく。ウィーンフィルは、ベルリンフィルのように、フランクを、根詰めて、本気で演奏しないのがウィーンフィル。こりゃフィルハーモニアとの若いジュリーニさんの盤も聴いてみなきゃ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KURO  |  福岡県  |  不明  |  2013年05月13日

    交響曲に関しては諸氏が色々なコメントをなさっておられるので、あえて触れないが、個人的にはライヴならではの雰囲気があり、またウィーン・フィルらしさも感じられて悪くない演奏だと思う。特筆すべきは交響的変奏曲である。この曲に初めて出会ったのはワイセンベルク/カラヤン盤であるが、それ以来この曲が好きになった。それで様々な演奏を聴いてきたが、この演奏はとても良い。クロスリーの素晴らしさを再確認させられた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    nacht  |  東京  |  不明  |  2004年03月05日

    第一楽章の濃厚な味わい。心ゆくまで美しく歌い、そして沈潜する。哲学的な瞑想の世界に誘う。録音も曇りすぎず、明晰すぎず、適度だ。スローペースなのに「時間の長さ」を感じさせない至高の時。決定的なフランク「交響曲」の登場だ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    大福  |  東京都  |  不明  |  2003年11月03日

    どっしりとした構えと歌にあふれているので、フランクのこの曲のくどい性格にぴったりかもしれません。ウィーンフィルの「音」が聴こえます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示