トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > Dvorak / Janacek > ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』、 ヤナーチェク:『シンフォニエッタ』 ケーゲル

Dvorak / Janacek

CD ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』、 ヤナーチェク:『シンフォニエッタ』 ケーゲル

ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』、 ヤナーチェク:『シンフォニエッタ』 ケーゲル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    初心者マーク  |  東京  |  不明  |  2009年03月27日

    自分にとってケーゲルは嫌いな曲を好きにさせてくれる唯一の指揮者。この新世界もイメージを一新させてくてた。とにかく暗い。だけどハマッタラ抜けられない恐ろしい新世界である。もう何回繰り返して聞いたことか。録音もモノラルにしては優秀。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ZO  |  グフ  |  不明  |  2006年03月21日

    まるで死んだ世界よりという印象。一楽章を何も知らずに聴いてドヴォルザークだとはとても思えない。二楽章も冒頭から彼岸へのお誘い。フィナーレは下の方も言ってるように冒頭の響きが異様。音が重く暗く、間違いなく曲にはミスマッチ。でも大好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    stokowski  |  琉球列島  |  不明  |  2003年01月30日

    恐ろしい「新世界」。第2楽章の静けさ、フィナーレの冒頭の低弦の蠢き。何かが眼前にその姿を現さんとしているかのようだ。というよりも独語のという言葉のもつ語感が、なぜか、ふさわしいように思えてくる。シンフォニエッタも「ブラスの祭典」にならず、ガブリエリのカンツォーナのように響く。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示