トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > バッハ(1685-1750) > ルーシー・ファン・ダールのバッハ作品集(4CD)

バッハ(1685-1750)

CD ルーシー・ファン・ダールのバッハ作品集(4CD)

ルーシー・ファン・ダールのバッハ作品集(4CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (9 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:9件中1件から9件まで表示

  • ★★★★★ 

    johnbach  |  東京都  |  不明  |  2013年06月01日

    バッハのヴァイオリンとチェロのための無伴奏曲は、各々のソリストにとってはバイブルのような存在だろう。40年近く前になるが、大学時代の先輩が、大学のオーケストラのコンマスをしていて、彼からヴァイオリンや弦楽器の話をよく聞いていた。この無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータは、ヴァイオリン音楽の頂点にある作品だと言っていたがまったく同感だ。(無伴奏チェロ組曲も然り)このルーシー・ファン・ダールのナクソス版は新譜の時に購入していたが、その時の印象もとてもいい演奏だと感じていたが、数年ぶりに改めて聴くと、その時以上に魅力に溢れた素晴らしい演奏だったと認識を新たにした。基本的にわたしはモダン楽器の演奏を支持しているのだが、このファン・ダールの古楽器の演奏も素敵だ。それにしても当時レコードは大変高価で、ポピュラーなオーケストラ作品なら1000〜1300円の廉価盤でも名演奏のものがあったが3枚組4枚組となるとレギュラー価格のものしかなかったように思う。わたしは名盤の誉れ高かったシェリング(DG版)の3枚組を最初に買ったのだけれど、6900円もしたのを思い出す。CD時代になってそのシェリング盤も廉価盤で驚くほど安価で手にはいるが、チェンバロ伴奏付きのソナタ(こちらの演奏も素晴らしい)も一緒で4枚組セットが2300円で手にはいるのだから本当にいい時代になったものだ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MONO  |  東京  |  不明  |  2006年03月02日

    クレーメルの新盤にがっかりしていたのだが、この演奏は本当に素晴らしい。伸びやかで美しいヴァイオリンの響き、完璧なテクニック、過不足のない造形・・・。「無伴奏」はこれだけで十分と思わせる名演です。惜しむらくはダールの鼻息。すっごく大きな音で録音されてしまっています。でも演奏のすばらしさの前ではそんな問題も気になりません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    o  |  東京  |  不明  |  2005年05月13日

    大袈裟な言い方かもしれませんがバッハの演奏で個人的にはカザルスの無伴奏、グールドのゴルトベルクに匹敵する名演奏ではないかと思うのです。素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Hiroshi  |  相模原  |  不明  |  2004年10月16日

    バロックヴァイオリンのまっすぐで柔らかな音と、ファン・ダールの真にバッハに向き合い、たどり着いた表現がひとつになり、無駄なものが何一つない音楽が紡ぎ出されている。バッハが生きていた頃は「さぞこういう音が響いていたのだろう」と思わせる。すばらしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    stokowski  |  琉球列島  |  不明  |  2004年06月27日

    素晴らしい無伴奏とヴァイオリン・ソナタ。伸びやかな音、だが、決してお気楽な音にならない。深みがあり、細部のニュアンスが繊細。女性のヴァイオリンニストでここまで表現した人はいままでいないのではないか?(ライブのチョンは素晴らしかったと聞くけれども)。シェリングやシゲティといった、いわゆる名盤に引けをとらない演奏。値段からしても超お買い得!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    来日  |  大阪  |  不明  |  2004年01月16日

    今年(2004)BCJの演奏会で来日されます。その際は一応コンマスをやられるみたいです。古楽好きな方はもう既にばら売りで持っているでしょうが、持っておられない方がいらっしゃいましたらおすすめします。ばら売りの一枚1000円でもCP最高でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    廉価盤しか買わない男  |  東京  |  不明  |  2003年12月14日

    デジタル録音。96年(無伴奏)、99年(伴奏付き)。バッハの無伴奏というと緊張感を強いられがちだが、本盤ではガット弦のやわらかい音色とのびのびとした演奏で、あたたか味のある疲れないバッハを聴くことができる。伴奏付きのソナタ集ではアスペレンのチェンバロ演奏が光る。買いのセット。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    はまぐり五文  |  京都  |  不明  |  2003年12月03日

    Naxosの逆レーベル効果によって損をしているが、ポッジャーなどに全くひけをとらない。共演者のアスペレン共々最高。まだ未入手の人は是非。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    シャープ  |  新宿区  |  不明  |  2003年09月18日

    迫力と生々しさに溢れた名盤。ピリオド奏法でも「学究臭さ」を感じさせず、曲の魅力を引き出すことに成功している。音質もすこぶる良く、バッハの世界にじっくりと浸ることができる。美しいデザインのBOXや日本語版解説もついていることを考えると、本当にお買い得だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:9件中1件から9件まで表示