トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブルックナー (1824-1896) > 交響曲第3番(第2稿&第3稿) ヴィルトナー&ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレン(2CD)

ブルックナー (1824-1896)

CD 交響曲第3番(第2稿&第3稿) ヴィルトナー&ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレン(2CD)

交響曲第3番(第2稿&第3稿) ヴィルトナー&ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレン(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    Erdinger  |  神奈川県  |  不明  |  2011年08月08日

    第2稿と第3稿、そして、アダージョの1876年稿がセットになっているという資料的価値にとどまらず、演奏自体も優れている。指揮者ヴィルトナーは、ヴァイオリン奏者としてヴィーン・フィルに在籍したこともあるそうだが、煽り立てたり粘り過ぎたりすることなく、自然な呼吸で流れ、あるがままにブルックナーに語らせている趣の演奏は、変に感覚に引っかかるところがなく、好ましい。第2稿に関しては、第2楽章に、本来の五部構成を崩しているカットがあり、これがために、1876年稿の長いアダージョに差し替えて演奏すべしという見解もあるそうで、このCDでもそのように聴くことは可能だが、音楽が冗長になるように思われる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示