ドヴォルザーク(1841-1904)

CD Cello Concerto: Rostropovich, Karajan / Bpo

Cello Concerto: Rostropovich, Karajan / Bpo

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★☆ 

    テリーヌ  |  兵庫県  |  不明  |  2016年08月02日

    チェロ協奏曲で心を揺さぶるような感涙の名曲は意外に少ないのですが、ここにある2曲は上位ランクです。今捜している「ウラジーミル・ウラーソフ」のチェロ協奏曲第一番が個人的には最上位で、昔アナログ盤でロストロポーヴィチ氏が演奏していた記憶があります。まだそのウラーソフのCDは入手できていませんが、ユーチューブでは聴けました。この「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、チャイコフスキー:ロココ変奏曲」は、ウラーソフの響きに共通する部分も多く、共感しています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ピン  |  浜松市  |  不明  |  2008年10月18日

    このカラヤンとの録音をロストロ自身が好んでいなかったのは本で読んだ。もっとも自賛していたのは小沢との最後の録音。いろいろ考えさせられる問題だと思う。たしかにオーケストラの威力が凄くてスポットがチェロに当たっていない感じはある。ライブではありえない…っていう問題は関係なく、CDはミキシングして製作されるものである以上、録音や編集技術を含んだ芸術だから、そこにカラヤンの威光も見え隠れする。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    hide0812  |  横浜  |  不明  |  2008年08月31日

    フルニエ、セル&BPOはチェロがオンマイク過ぎでライヴではあり得ない聴こえ方(名演だけに残念)。デュプレ&チェリビダーケ盤を聴けば分かりそうなもの。ライヴにもっと行きましょう!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示