Dokken

CD Hell To Pay

Hell To Pay

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:10件中1件から10件まで表示

  • ★☆☆☆☆ 

    たかさん  |  埼玉県  |  不明  |  2010年03月16日

    良い曲はAのみでした・・・・Aも並ですけど・・・もう80年代のDokkenを聴く事は出来ないのかも知れませんね・・・・プロデュースを変えれば、多少活きてくる曲もあるのですが、ドンの声が・・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    櫻乱  |  北海道 札幌市  |  不明  |  2006年07月28日

    ’90s再結成以降、死滅した典型的なLAメタル・サウンドから離れた彼:ドン・ドッケン(v)。(LAメタルは、’80sあの時代限定のモノ)ソロ“UP FROM THE ASHES(’90)と同じく旧知のウェイン・ディヴィスを音作りに起用し、実力派メンバーを集めたソロ・アルバム的内容。 バリー・スパークス(b)は、 同時期のSCORPIONS“UNBREAKABLE”(’04)にも参加。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    syouzama  |  tokyo  |  不明  |  2006年03月16日

    ナゼ??国内盤が無いのだろう??このアルバムの楽曲のレベルからすれば、出ていてもちっともオカシク無いのに・・・。ほかのアーティストの国内盤なんかは、聞くに堪えない物がいっぱい在るというのに!!所で、大人のロック(ハードロックではない)が物足りない人には、2曲目以外は退屈でしょう。前作のボーナストラックにあったような、産業ロックよりは、ロックぽくなっているが、もはやバンド名の最初に”ドン”付けっちゃって下さい!!(GEORGE居なくても、だからDOKKENなんだよね)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年02月25日

    BOCもそうだけど、国内盤ないてことは、やはりメタルは冬の時代なんすなー、80年代は彼等目立つてたのになー。ドッケン若い人達この名前覚えて損はないぜ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    andi  |  広島市  |  不明  |  2005年04月10日

    あれ、みなさん随分酷な評価ですねぇ!!俺はすごいいいと思いますよ!!DONは覇気が無いというか曲にあわせてるっていうきがするのですが・・・。なんだかんだいって全曲好きです!このアルバム。1曲目から3曲目までの流れとかカッコいいじゃないですか!!それに最高のバラードの6。そのあとの薄いベールをかけたような雰囲気とかすごい好きです!!でも日本版がないっていうのがすごいショックです。。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    そらみちゃん  |  石川県  |  不明  |  2005年02月20日

    ついに国内盤はなくなってしまった。アメリカ盤はCD開ける時シール剥がすの面倒かも。前作は少しはボーカルの歌唱力あったけど今作のドンの声はもう衰えている。ギターはそれなりにカッコイイけど。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    ゆうくん  |  世田谷  |  不明  |  2004年10月11日

    折角前作でジョージがいなくてもOKなポップ路線を開拓したのに・・・・。ドンの声にも覇気はないしリフもだるいし。Gソロはいいけど。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    わったん  |  神戸市  |  不明  |  2004年08月16日

    DOKKENも終わったね。ここ最近のす数作を聞いても個性などなんにも感じられないもん。曲もかったるいし。ひょっとして…と思いこのアルバム聞いたけど、やっぱ(個人的には)ダメでした。ただのHRバンドになってしまったね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ドンリンチ  |  兵庫県  |  不明  |  2004年07月30日

    George Lynchが復帰したのかと錯覚するような1曲目。George Lynch が脱退してからのギタリストとしては最もGeorge Lynchの音に近いと思います。 とはいえ、今はDon Dokken がしきるドッケンなので、vocalに比べてちょっとギターの音量が小さいかな。このメンバーでの、ドッケン全盛期の名曲のLive をみてみたいものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    歯と爪  |  盛岡  |  不明  |  2004年07月04日

    曲がどうだこうだ言う前に、DOKKENのギターはジョージリンチであるべきだ。ジョージと喧嘩しながらでも、罵り合いながらでもやればいいのに。リンチ・ピルソンのアルバムもぱっとしないしなぁ・・・。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:10件中1件から10件まで表示