ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD Sym.7: Mravinsky / Leningrad.po (1953)

Sym.7: Mravinsky / Leningrad.po (1953)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2012年09月26日

    1953年のスタジオ録音。みなさまご指摘の通り、音はいいとは言えません。例のソ連録音によくあったいかにも独特な硬質な音色、レンジの狭さ、はやはりこの曲にはなかなかにツライところです。でもこの年代、思えばフルトヴェングラーやトスカニーニ最晩年のディスクと重なる時ではありますな。そう考えると、こんなもんかな、といふ気もします。さて、演奏はいかにもムラヴィンスキーらしい、ひたすら硬骨の演奏。ドラマティックではありませんが、音響的にも感情的にも恐るべき高揚を見せる第1楽章はさすがにすごいなあ。それは第4楽章もそうで、「立ち上がる人間の強い意志」を感じました。曲への共感うんぬんということはさておき、ムラヴィンスキーが演奏すればこの曲はこうなるなというイメージどおりかもしれません。録音が悪いのは惜しいね。あるいはもう少し後の時代の録音だったらなと残念です(ま、ソ連は最後まで録音は下手だったから同じかな)。オケはなんだかあんまりうまくない。特にソロが今一つ。どうしたのかな。スタジオ録音とは言え、ほぼライヴに近い一発ものだったのかな。ま、興味のある方にだけお薦めいたしましょう。この曲の名演とかいう持ち上げ方はしないでおきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  芦屋  |  不明  |  2008年10月14日

    1941年ドイツのレニングラード侵攻に対するレニングラード市民の防衛の一環としてショスタコーヴッチが作曲したこの曲は演奏時間70分を超える大曲で当時トスカニーニ他の演奏でアメリカでも拡がったものです。さてこのムラビンスキー盤はモノラルで決して録音状況も1953年収録の割には良くはありません。曲の出来具合とは別に30分近くの第1楽章そして終楽章を貫く(好き嫌いを抜きにすると)執拗なリズム的主題の指揮の訴えには説得力があります。マァ曲の好みも勘案して「素晴らしい」ランクとしておきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    あるまじろ  |  神奈川県  |  不明  |  2006年10月05日

    正直、音質の悪さはかなり気になります。弦が軋んでいたり、金管がパリパリと割れそうな音色で響いていたりと、録音があまりにも古いのが残念です。しかし、その音楽性の高さと、感動的な盛り上がりは、それらを凌駕して聞こえてきます。これは、具体的に演奏のどこが良いというものではなく、この曲を一つの「シンフォニー」として再認識させてくれる真の「芸術」なのです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    GT−R  |  長野県  |  不明  |  2005年11月09日

    ムラヴィンスキー唯一のレニングラード。彼自身はショスタコにあてた書簡で不満を漏らしていますがぜんぜんそんな事はなし、モノ録音もかえって新鮮に響く、ムラヴィン史に残る名演、レニングラードファンなら必聴の一枚

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示