トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ドヴォルザーク(1841-1904) > ヴァイオリン協奏曲、他 ファウスト(vn)ビエロフラーヴェク&プラハ・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

CD ヴァイオリン協奏曲、他 ファウスト(vn)ビエロフラーヴェク&プラハ・フィル

ヴァイオリン協奏曲、他 ファウスト(vn)ビエロフラーヴェク&プラハ・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    mari夫  |  東京都  |  不明  |  2019年01月14日

    同じ作曲家の協奏曲と三重奏曲をファウスト、ケラス、メルニコフの三人で吹きこむというCDの企画は、シューマンでもあるが、これはそれに先んじたドヴォルザークで、もう一つチェロ協奏曲と「ドゥムキー」を組み合わせたCDもある(ドヴォルザークにはピアノ協奏曲もあるが、これは録れていないみたいで、メルニコフが好まないためかもしれない)。このヴァイオリン協奏曲は素晴らしい。ファウストの透明な美音、特にハイポジションがボヘミアの空と草原と川面を切り裂き飛翔する。ファウストの中でもとりわけ優れた、霊感に満ちた演奏。トリオの方は円熟した手法によって書かれた重厚な名曲だが、三人の威力は実に半端ない。特にメルニコフの腕の冴えは目覚ましい。録音は2003年だそうだが、最新のものと引けを取らない。大推薦盤だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    光の翡翠  |  京都府  |  不明  |  2014年01月11日

    ビェロフラーヴェクという人は信用できない。昨年のチェコ・フィルとの日本公演でも指揮に全く主張がなく、若いチェリストがオタオタしていた。聴き物はむしろ演奏の機会が少ないピアノ・トリオだろう。ソリスト3人ががっちりとタッグを組んでいる。それぞれが、出るところ、引き所を弁えたソリストのトリオになっている。三重奏曲だけなら星5つです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KURO  |  福岡  |  不明  |  2005年01月09日

    ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲はなかなか名演に恵まれない気がする。しかしこのCDはその不満を見事に解消してくれた。冒頭から伸びやかで清澄な雰囲気を漂わす艶やかな弦の音色に思わずウットリと聞き惚れてしまう。そんな一枚である。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示